敏捷性と俊敏性の意味とトレーニング方法【動画で解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
敏捷性と俊敏性って似ているような言葉だけど、どういう意味なんだろう?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • 敏捷性と俊敏性の意味の違い
  • それぞれのトレーニング方法と注意点

についてお伝えします。

似ているようで、違いは明確にあり、これらを理解していないと望んでいる成果が得られない可能性があります。ぜひトレーニングの参考にしてみてください!

今回は、敏捷性(アジリティ)と俊敏性(クイックネス)の違いとトレーニング方法について解説します。

 

敏捷性(アジリティ)と俊敏性(クイックネス)の意味と違い

まず、それぞれの意味と違いをお伝えすると、こんな感じです。

敏捷性(アジリティ)とは

速さ×正確性

例えば、反復横跳びをするとき、左右のラインをまたがないとポイントにならないですよね。ここで正確性が必要となり、その上で速く行う能力が求められます。

これが敏捷性(アジリティ)という能力です。

俊敏性(クイックネス)とは

速さ

例えば、ラダートレーニングってありますよね。これは、枠の中に決められたさまざまなステップを踏むトレーニングですが、もしラダーを蹴ってしまっても減点にはならないですよね。

でも、速さは求められるわけです。つまり、ラダートレーニングは速さのみを求めるトレーニングであり、俊敏性という能力は、速さのみの能力のことを言います。

ここまでのまとめ

  • 敏捷性=速さ×正確性
  • 俊敏性=速さのみ

では、それぞれどのようにトレーニングすればいいのでしょうか?詳しく解説しますね。

 

敏捷性と俊敏性のトレーニング方法をご紹介

まずは、敏捷性からご紹介します。

敏捷性(アジリティ)トレーニングの方法

敏捷性能力を向上させるためには、まず身体の使い方を理解することから始めます。

反復横跳びを例にすると、まず速く切り返すためにはどうすればいいのかを考える必要があるんですね。

イメージ的にはつま先でちょこちょこ動き、地面を踏ん張るように切り返せば速く動けそうですが、それでは動きが遅くなってしまいます。

ポイントは、フラットに着地をすることです。

フラット着地

つま先で着地をすると、前に回転する力が加わり、最短で動けず、遅くなります。

つま先着地

反復横跳びをより速く行うためには、真横に動く必要があるので、常にフラット、べた足状態で動きます。

このべた足で着地ができるように、まずゆっくりとしたペースで左右にステップを踏みます。

べた足感覚がインプットできると、次は重心移動のさせ方をインプットします。切り返すとき、地面でグッと踏ん張ってしまうとそこでブレーキがかかり、ロスになります。

踏ん張る

速く切り返すためには、動きたい方向に先に重心を運んでおきます。

重心の移動

この重心移動がうまくできるようになれば、徐々にスピードを上げていき、より速く正確に動けるようにしていきます。

こんな感じです。

これが敏捷性(アジリティ)トレーニングになります。

敏捷性トレーニングのまとめ

  • フラット着地ができるようにする
  • それができると、重心移動ができるようにする
  • そして、ゆっくりから徐々に速く動く速度を上げる

この手順で行い、敏捷性能力を向上させていきます。

反復横跳びじゃない場合も、基本的には動作を確実にこなし、そこから徐々に速さを上げるという流れは一緒です。

続いては、俊敏性のトレーニングに移ります。

俊敏性(クイックネス)トレーニングの方法

俊敏性トレーニングの目的は、

筋肉の最大収縮速度の維持

になります。

人の筋肉には大きく分けて2つのタイプの筋肉があり、速筋と遅筋になります。速筋の割合が多い方ほど、より速く動けますが、この割合は遺伝で決まります。

この割合に関係なく、自分の最大速度が10だとすると、毎日この10の速さを経験しておかないと、10の速さが維持できなくなってしまいます。

運動会のお父さんがよく転ぶのは、昔10で走れていたけども、最近は10の速さで身体を動かしていないため、気持ちは10、身体は6でしか動かす転ぶという結果になってしまうんですね。

このことから、俊敏性(クイックネス)トレーニングでは、最大の速さで筋肉を収縮させる、つまり最大の速さで動き、その速度を維持することが目的になります。

そのためにラダーを活用しているんですね。別になかってもいいので、いろんなステップで最大収縮速度を経験させていきます。

俊敏性トレーニングのまとめ

  • 筋肉に最大収縮速度を経験させること
  • ラダーは特に使わなくてもOK

 

まとめ:敏捷性と俊敏性の能力は大きく異なる

今回の内容から、それぞれの能力が大きく異なることは理解していただけたと思います。

実は、一般的にはラダートレーニング=敏捷性のトレーニングだと言われていますが、正確性に欠けるので敏捷性のトレーニングではないんですね。

言葉の意味やそれぞれの本質を知っていくと、道具がいらないですし、実は行っているトレーニングでは向上させたい能力をトレーニングできていない可能性があるということにも気づきます。

そのため、こういったトレーニングはまず言葉の意味を知ることが重要だと思います。

今回の内容が、スポーツ選手や指導者の方の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

▼持久力のトレーニングについて
スタミナ(持久力)をつけるための基礎知識+方法【心拍数が鍵】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ