バッティング時の手首は返さない方が打てる【返す意識はマイナス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
バッティングのとき、手首を返した方が良いバッディングができるのかな?手首の使い方ってどうすればいいんだろう?

今回は、そんな疑問に答えます。

この記事では

  • バッティング時の手首は何も意識を持たない方が良い
  • 手首を無理に返すと、マイナスになる可能性がある

そんな内容をお伝えします。

動画を見ると答えはわかりますが、バッティング時の手首はボールが当たった感覚があるときにはもうすでにボールは前に飛んでいます。ですので、手首を操作しようとしてもあまり意味はないです。

今回は、バッティング時に手首の使い方について解説します。

 

バッティング時の手首の使い方は意識しないこと

結論から言うと、バッティングのとき手首の動きを意識しても、あまり意味はありません。といきなり言われても、

クライアント
なんで?

ってなりますよね。これ、スローの動画を見ると納得できると思います。ボールがバットに当たった後に手首が返ります。

スローでバッティング時の手首の動きを見る

どうでした?特に一番最後の元阪神タイガースのマートン選手の手首の動きがわかりやすかったんですが、ボールがバットに当たって、その後に手首が返っていますよね。

西岡選手もそうですが、バットにボールが当たる→手首が変える、という流れになっているので、ボールが前にある状態で、いくら手首の動きを意識しても、あまり意味はないですよね。

そして、意識的に手首を返しているのではなく、自然に手首が返るので、特に意識的に手首を動かさなくてもいいということになります。

じゃあ、逆に何で手首を使ってしまうとマイナスになってしまうのか、こちらも解説しておきます。

少し想像してみてください

いきなりですけど、少し想像してみてください。例えば、あなたが下り坂の上にいて、今から自転車で坂道を下りようとしています。

いざ、坂道を下りはじめ、スピードはどんどん加速される。風が気持ちよく顔に辺り、少し怖ささえも出てきた・・・と、そのとき!

横からおじいちゃんが飛び出してきた。急ブレーキ!!なんとか当たらず大丈夫だった。下り坂はもうすぐ終わり。スピードを落としながらそのまま下りきる。

もし、途中おじいちゃんが飛び出してこなかったら、かなりのスピードで下り坂を下れていたと思います。手首を意識的に使うということは、このおじいちゃんが飛び出してくるということです。

つまり、

手首を意識的に使おうとすると、そこでブレーキがかかり、スイングスピードが減速してしまう

ということです。その結果、微妙にタイミングがずれ、詰まってしまうかもしれませんし、バットをこねてしまいゴロを打ってしまうかもしれません。

全身がスムーズに動くことが重要

バッティングだけに限りません。投げること、走ることもすべて同じで、自分の一番良い動きをするためにはリラックスすることが重要です。

そして、身体はリラックスすると流れるように、スムーズに動きます。そのときの感覚は、“気持ちいい”という快の刺激を受けます。

全体がスムーズに動くと、下半身・骨盤・体幹・肩・腕・手首・手・バットという順に関節をまたぐごとに加速し、結果自分が持つ最大のスピードでバットを振ることができます。

スイングスピードと打球の飛距離はある程度比例関係にあるので、より打球を飛ばしたい、良い結果を残したい選手は、手首の動きを意識しない方が結果は良くなるはずです。

なぜなら、無意識の方がスムーズに身体を動かせるからです。

感覚には誤差がある

もう1つ付け加えておくと、バッティングをしていると、ボールがバットに当たった感覚って感じるじゃないですか?

あれって、実際にボールがバットに当たったと同時に感じているんではないんですね。

人の身体は、手に伝わった刺激を情報として脳に送り、その脳で情報を処理して初めて、

クライアント
当たった!

という感覚を認識できます。つまり、当たった!と感じたときには、もうすでにボールは前に飛んでいってしまっています。

なので、手首を返すこともそうですし、ボールを押し込むとか、前に押すとかって特にバッティングにはプラスの影響はないんですね。

こういったところからも、バッティング時の手首の使い方をどうすればいいか見えてきますよね。

つまり、何も意識しないことが、一番パフォーマンスとしては良くなるということです!

 

バッティング時のイメージを変えると打球は変わる

もしかすると、今バッティングでいろいろ悩まれているかもしれないので、1つだけプラスでお伝えしますね。

バットをセンターの奥に投げるイメージを持つ

バッティングをしているとき、フォロースルーの際に、バットをセンターの奥に投げるというか、放り出すような感覚でバッティングをしてみてください。

おそらく、これだけで打球の質は変わるはずです。感覚的なイメージで言えば、おりゃーーー!!ぐらい力むのではなくて、ポーンっとバットを投げる感覚でOKです。

そうすると、お伝えしたいことがわかると思います。この1点だけ変えると、バッティングは全然変わるので、ぜひ試してみてくださいね!

スムーズな動作で動けると疲れない

身体って不思議で、良いバッターほど動きが柔らかく見え、結果もいいんですね。しかも、疲れません。

だから、たまにプロ野球選手がホームランを打ったときの感想で、

プロ野球選手
全然当たった感覚もなかったですし、入ると思わなかったです!

といいますよね。まさにあれが重要なヒントです。野球選手に知ってほしいことは、

  • 気持ち良くスイングする=スイングスピードが速くなり、結果も良く、疲れない
  • 力んで(一生懸命)スイングする=スイングスピードが遅くなり、結果も微妙で、疲れる

という正反対の結果になります。

なんとなく、頑張っている、疲れる方が良い感覚ってないですか?これは違います。気持ち良く、疲れない方がバッティングはいい結果を生みます。

まずは常識に縛られず、頭の中を整理して練習に取り組めば、また結果は全然違うものになってくるはずです。

まだまだレベルアップできるし、プロ野球選手に近づくことは可能だと思います。

今回の内容が、そうやって変わるきっかけになれば僕自身もすごくうれしいですね!今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ