ふくらはぎの内側の筋肉の張りは緩める+歩き方の改善で可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
ふくらはぎの内側の筋肉がポコッと張り出しているけど、どうすれば細くできるんだろう?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では、

  • ふくらはぎの内側の筋肉の張りは、主に4つのことが原因
  • ふくらはぎを細くするためには、まず筋肉を緩めること
  • 根本的な改善は、歩き方や走り方の着地を変えること

そんな内容をお伝えします。

トレーニングなどをしていなくても、地面を突くように着地していると、ふくらはぎは太くなります。そのため、着地の仕方を変えることが改善のポイントになります。

今回は、ふくらはぎの内側の筋肉が張る原因と改善方法について解説します。

ふくらはぎの外側の張りで悩む方は、こちらも参考にしてみてくださいね。
ふくらはぎの外側の張りや筋肉を引き締める方法【緩めること】

 

ふくらはぎの内側の筋肉が太い原因

ふくらはぎの内側がポコッと張り出すと、気になりますよね。トレーニングもしていない、特別なこともしていない。なぜ、筋肉がポコッと張り出してしまうのでしょうか?

それは、毎日の歩く動作、ランニングをされる方は、その走り方が原因になっている可能性があります。詳しく解説しますね。

膝や足首の捻れ

ふくらはぎの筋肉は、本来脚の後ろ側に膨らみを持っていて、自然な状態であればふくらはぎの内側だけがポコッと張り出すことはないはずなんですね。

ですが、日頃の立ち方や歩き方などの中で膝や足首が捻じれてしまい、結果ふくらはぎの内側が張り出すように見えてしまうことがあります。

1つ目の原因膝や足首が捻れ、本来後方にある膨らみが横に膨らんだように見えてしまう

続いて、考えられる原因は筋肉の張りです。

筋肉が張りで太く見える

筋肉の張りというのは、例えばグーパーと何度も手を握る・開くを繰り返すと、前腕の筋肉はパンパンに張って、太くなりますよね。

これと同じで、日常生活の中でふくらはぎの内側の筋肉を使いすぎたことによって、筋肉が緊張し張る。その結果、ふくらはぎの内側が太く見えてしまうことがあります。

2つ目の原因ふくらはぎの内側の筋肉が緊張し、張ることで太く見える

さらに、筋肉は緊張すると硬くなり、筋肉が硬くなると循環が悪くなり、むくみやすくなります。3つ目の原因は、むくみになります。

むくみによってふくらはぎ全体が太く見える

毎日ふくらはぎがパンパンになっていませんか?むくみよってふくらはぎが太くなることは想像しやすいと思います。このむくみもふくらはぎの太さと関係があります。

  • 長時間椅子に座りっぱなし
  • 筋肉が硬い
  • 運動不足
  • ストレスが多い
  • 締め付けの強い衣服を着ている

こういったことはすべてむくみの原因となり、結果ふくらはぎの太さにつながる可能性があります。

3つ目の原因むくみによってふくらはぎ全体が太くなる

そして、4つ目が筋肉がついてしまっているということです。

筋肉がついている

ふくらはぎは、筋肉がつきにくいと言われていますが、ランニング時の着地がまずいと、ふくらはぎに筋肉がつくことがあります。

特に、親指の付け根付近から着地をする方は、そのとき受けるストレスはふくらはぎの内側にかかります。

立ち方

そういう着地でランニングを繰り返してしまうと、ふくらはぎの内側の筋肉が太くなってしまう可能性があります。

4つ目の原因ランニングなどで、ふくらはぎの筋肉がついてしまっている

基本的に日常生活に原因がある

これまで4つの原因をお伝えしてきましたが、多くの方は最初の3つの

  • 膝や足首の捻れ
  • 筋肉の張り
  • むくみ

が原因として考えられます。ただ、ここで疑問に思うことは、

なぜ、何もしていない自分は脚が捻れ、筋肉が張り、むくむのか?

ということです。思いませんか?特に特別なことはしていないのに、なぜふくらはぎの内側がポコッとなるのか?と。

これってすべて今送っている日常生活の立ち方や歩き方、姿勢や動作の中にこれらの原因が隠れているということなんですね。

例えば、親指の付け根辺りで地面を突くような歩き方をしていたり、地面を蹴るような意識を持って歩いている場合。

地面を突くような着地

地面を蹴る

こういった歩き方をしていると、脚は捻じれますし、筋肉が張り、むくみます。結果ふくらはぎの内側の筋肉がポコッと張り出してしまうんですね。

おそらくこういったことを日常的に行っているので、根本的な改善を目指すのであれば、こういう姿勢や動作も改善する必要があります。これは後程詳しくお伝えしますね。

では、脚の捻れや張りなどは、どうすれば改善することができるのでしょうか?

 

ふくらはぎの内側を細くする方法

ここからは、ふくらはぎの内側を細くする方法を解説しますね。先ほど、

ふくらはぎの内側が太くなる原因

  • 膝や足首の捻れ
  • 筋肉の張り
  • むくみ

ということをお伝えしましたが、これらはすべて筋肉を緩めることで改善できます。そして、筋肉を緩めるためには、気持ち良く身体を動かしたり、筋肉を揺らすことで簡単に緩められるので、これらの方法をお伝えします。

膝・股関節を整える方法

手順について

  1. 仰向けになり、足を肩幅ぐらいに開く
  2. 片膝をまっすぐ立て、90度ぐらいに曲げる
  3. 立てた膝を外側に倒す
  4. 踝の外側を軽く地面にこするように脚を伸ばしていく
  5. 膝が伸び切ると同時に、太ももを軽く内側へ捻る
  6. そして、元の状態に戻り、再度この動きを繰り返す
  7. これを2分間行う

続いては、足首の関節を整えていきます。

足首の関節を整える方法

手順について

  1. 椅子に座った状態で脚を組む
  2. 組んだ側の足のつま先を持つ
  3. もう一方の手で、くるぶしの上辺り持ちおさえておく
  4. ゴリゴリ鳴らない程度に2分間足首を回し、逆回しも2分行う
  5. 左右の足首回しを行う

この2つの方法を行うと、脚の捻れは改善できますが、さらに、脚全体の捻れを改善できる方法をお伝えしますね。

トレーニングで脚の捻れを改善する方法

この方法は、体重の乗せる位置がポイントになり、この位置に乗せた状態で行ってください。

重心の位置

そうすると、より脚の捻れを改善することができます。

手順について

  1. 脚を肩幅に開き、つま先を少し開く
  2. 体重をくるぶしの真下に乗せておく
  3. しゃがみ込み、つま先と膝を同じ方向を向ける
  4. くるぶしの真下に意識を向け、小さくバウンドする
  5. これを、1分間×3セット行う

このしゃがみ込みのトレーニングをすると、関節が自然な状態に改善され、まっすぐな脚に近づくので、ぜひ続けてみてくださいね。

ここまでの流れができると、脚の捻れは改善できていると思います。続いては、筋肉の張りやむくみを改善する方法をお伝えします。

張り・むくみを改善しふくらはぎ全体を細くする方法

筋肉は揺らすと緩み、循環が良くなる性質があるので、ここでは筋肉を気持ち良く揺らしてみてください。そうすると、むくみも改善され、脚が軽くなることがよくわかると思います。

手順について

  1. 座った状態で片膝を立てる
  2. ふくらはぎをリラックスさせ、両手を軽く添える
  3. 筋肉を左右に2分間揺らす

この揺らすテクニックですが、よりふくらはぎをスッキリさせたい方は、「アセチノ」を使って筋肉を揺らしてみてください。

実際に使ってみましたが、簡単にふくらはぎがスッキリするので、おすすめですね。一言で言えば、美脚アイテムです。

毎日続けると、脚の捻れ、ふくらはぎの内側の張りは改善され、さらに細くなっていきます。これらの方法は、できれば寝る前に行うことをおすすめします。

着圧ソックスで締め付ける

ここまでの方法を実践した後、そのままだと、むくみがまた出てきてしまい、太くなってしまいます。

そこで、筋肉を緩めむくみを改善した後に、着圧ソックスを履いて締め付けます。そうすると、再度むくむスペースが埋められるので、より細い状態を維持することができるんですね。

おすすめの着地ソックスをまとめておくので、参考にしてみてください。

可能であれば脚を少し高く上げて寝ると、翌朝脚がよりスッキリして、細い状態が続くので、こういうちょっとした工夫も重要です。

こういった筋肉を緩めることやケアを毎日続けることで、ふくらはぎの内側は、日を増すごとに引き締まっていきます。

ここまでお伝えした方法を実践した後、1度その場に立ってみてください。そうすると、先ほどもお伝えしましたが、ここに体重がより乗ることがわかると思います。

重心の位置

つまり、この位置に体重を乗せると脚の捻れが改善され、自然な状態が維持できるということなんですね。日常の中でも、ここに体重が乗るように姿勢や動作をすることが根本原因を取り除くポイントになります。

そもそもふくらはぎの内側が太く張る原因は、

  • 立ち方
  • 歩き方
  • 走り方

などが根本原因です。ですので、この根本原因を取り除いて初めて、ふくらはぎの内側が細くでき、それを維持することができるので、次はこれらを改善していきます。

 

ふくらはぎの内側を太くする根本原因を取り除く

ふくらはぎの内側が張ってしまう方は、親指の付け根から着地している可能性がありますし、地面を蹴っているかもしれません。

歩く際にそういう意識は一切不要です。根本原因を取り除くために、まずは立ち方から解説していきます。

立ち方の改善方法

いずる
立ち方のポイントは、母趾球に体重に乗せず、踵に体重を乗せることです!

手順

  1. 椅子に座り、脚を腰幅ぐらいに開いておく
  2. お尻の下に骨を感じる位置で座る
  3. 顔を前に送るように、身体をお辞儀させる
  4. お尻を浮かし、両足の踵に体重を乗せる
  5. 踵を感じたらまっすぐ立ち上がる
  6. これで立ち方の完成

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

このとき、体重が自然に踵に乗り、いつもより楽に立てていると思います。

日頃からこの位置に体重を乗せると、脚も捻じれないですし、筋肉も張らないので、日頃はこの位置に乗せて過ごしてみてくださいね。

立ち方についてより詳しく知りたい方は、「自然な立ち方を習得する4つのステップ【骨で立つ】」もご覧ください。

歩き方については、この立ち方の延長が歩き方になるので、続けてお伝えします。

歩き方の改善方法

いずる
歩き方のポイントは、脚や足首の使い方に意識を向けないこと。そして、胸辺りを前にスーッと運ぶ感覚を持つだけでOKです。

歩き方の改善手順

  1. 動かすポイントを胸辺りに設定し、そこを重心とする
  2. この重心を前にスーッと運ぶように前に進む
  3. 脚はただぶら下がっている状態で、ほぼ身体の真下で着地する
  4. 後は手足ぶらぶら、重心を前にスーッと運び続けるとOK
  5. あとは、気持ち後ろ側の脚を気持ち置いていくように歩く

歩き方

歩き方

気持ち後方の脚を置いていくイメージで歩くと、ヒップに刺激が加わり、歩くだけでヒップアップできます。

歩き方

ヒールを履いた時の歩き方は、「ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】」にまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

日頃歩くときは、

クライアント
(胸元をスーッと前に・・・)

という1点の意識だけでOKです。たったそれだけですが、その意識の変化を持てば、自然に着地が踵になります。

そうすると歩いても脚が捻じれず、逆にこの歩き方ができると、歩くだけで脚の捻れを改善することもできますので、ぜひ実践してみてくださいね。

続いては、走り方の改善についてお伝えします。

走り方の改善方法

走り方の改善方法は、基本的に歩き方の延長になりますが、「ランニングでふくらはぎが太くなる原因+改善方法【着地が問題】」を参考に実践してみてくださいね。

ここまでのことができると、根本原因も取り除けたので、後はこの流れを続けていけば改善ができるはずです。

本当にふくらはぎの内側を細く引き締めるためには、ここまで考え、実践する必要があると考えています。最後に、最も大切なことをお伝えします。

 

ふくらはぎの内側を細くするために最も大切なこと

ここまでお伝えしたことは、実際レッスンでもこのような流れを実践し、変化を実感できています。

本当に大切になることは、

あなたのふくらはぎの内側は、“なぜ”太くなっているのかを知ること

です。立ち方や歩き方が原因でふくらはぎの内側の筋肉が張るということはお伝えしましたが、本来はもっと細かくみていく必要があります。

日頃、どのような姿勢や動作をし、どんな癖があるのか?仕事中の座り方や家での過ごし方。こういったところに“あなた”のふくらはぎの内側が太くなる原因が潜んでいます。

つまり、“あなた”のふくらはぎの内側が太くなった原因を見つけ出さないと、今回お伝えしたことだけでは改善が難しいことがあります。

基本的な流れは同じですが、最も重要なところは違うはずです。

僕が最も大切だと思うことは、

あなたのふくらはぎの内側が張り出す原因を発見すること

だと考えています。その原因をみつけ、取り除くことができさえすればふくらはぎは細くできます。原因の発見は、僕のところであれば無料体験の中でお伝えすることができるので、気軽に相談してほしいなというのが本音です。

ただ、どうしても遠方で来られない方は、他のパーソナルジムの無料体験でカウンセリングを受けると、なぜふくらはぎの内側が太くなっているのか?このアドバイスはもらえます。

そこでまずは、ご自身の身体のことを知っていただきたいんですね。そうすると、やるべきことが明確になるはずです。

無料体験できるパーソナルジムをいくつかピックアップしておくので、ぜひ参考にしてみてください。

※全て無料体験の中で、時間をかけてカウンセリングしてくれます。

無料体験の後に勧誘されるのも嫌だと思うので、勧誘を一切しないところを選んでいるので、安心して受けていただければと思います。

こういったところで、ふくらはぎの内側がなぜ太くなったのか、それを明確にしていただき、やるべきことがわかれば後は実践あるのみです。

いずる
もし、僕のところで無料体験を受けてみたい方は、こちらからご連絡くださいね。

 

まとめ:ふくらはぎの内側を引き締める一連の流れ

今回の記事の内容をまとめると、

  • ふくらはぎの内側の筋肉は、主に4つのことが原因
  • ふくらはぎを細くするためには、ふくらはぎをまず緩めること
  • そして、歩き方や走り方の着地の仕方を変えること

こういった内容をお伝えしていきました。

身体を変えるヒントは、意外と日常生活で当たり前にように行っている姿勢や動作を変えることにあります。

この原因を見抜かない限り、どんな素晴らしい方法をしようと、改善は一時的になります。

ですので、筋肉を緩める+根本原因を取り除くことをセットに、改善に取り組んでみてくださいね。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめのアイテムまとめ

  • アセチノ
    →累計200万台売れている、人気美脚アイテム。僕が最もおすすめできるケアアイテム
  • アンジェリール
    →累計100万枚売れている人気ソックス。使用者の満足度96.7%
  • イージースリム
    →履くだけで-3cmの着圧ソックス。最大82%OFFのキャンペーン中
  • スラリスリム
    →お手軽な値段で試しやすい着圧ソックス。

無料体験できるジムまとめ

関連記事

▼ふくらはぎの筋肉を落としたい方に
ふくらはぎの筋肉を落とす方法【今からでもまだ間に合う】

▼太ももの前側の太さに悩む方に
太ももの前側が太いなら筋肉を緩める+歩き方の改善で細くなる

▼太ももの外側の張りに悩む方に
太ももの外側の張りを改善する方法【脚の捻れを直すこと】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ