ふくらはぎを細くしたい方が確実に細くできる5つの手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
今よりもふくらはぎを細くしたいけど、どうすれば細くできるんだろう?やっぱりトレーニングとか必要なのかな?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • ふくらはぎは、5つの手順で確実に細くできる
  • ふくらはぎを細くしたい方は、必ずしもトレーニングは必要ではない
  • 筋肉を緩める、循環の改善をすれば即日で細くなる

こういった内容をお伝えします。

僕のふくらはぎは、女性のクライアントさんよりも細いことが多いです。僕は、ふくらはぎのトレーニングはしていません。だけど徹底的に毎日緩めています。

今回は、ふくらはぎを細くしたいと悩む方に向けてお伝えしていきます。

 

ふくらはぎを細くしたい方が確実に細くなる5つの手順

これは、実際にレッスンで指導している自分の考え方をまとめたものです。

  1. ふくらはぎが太くなる原因をみつける
  2. 筋肉を緩め、循環を改善する
  3. 着圧ソックスを活用する
  4. 立ち方や歩き方など改善する
  5. 必要であればダイエットを行う

この5つすべてができると、ふくらはぎは確実に細くなります。何よりも大事なことは原因の発見です。

ちなみに、僕のふくらはぎはこんな感じです。

ふくらはぎ

筋肉を緊張させても、小さいです。ふくらはぎのトレーニングはしていませんが、徹底的に筋肉を緩め、ふくらはぎにストレスがかからないように、立ち方・歩き方を改善しています。

ふくらはぎ

ふくらはぎは、鍛えなくても細くすることができます。

では早速、先ほどお伝えした5つの手順を順番に解説します。

①原因の発見

いきなりですが、

いずる
あなたのふくらはぎは、なぜ太くなっていますか?

この質問に正確に答えられる方は、おそらくこの記事はお役に立たないと思います。だけど、もし答えられなかった方には、お役に立てるので、ぜひ参考にしてみてください。

今回、わかりやすいように5つに分けていますが、もしあなたのふくらはぎが太くなっている原因が食べ過ぎで脂肪がついたことだとしますよね。

この場合、やるべきことはダイエットです。そうすればふくらはぎは細くなります。という具合に、本来は個人によって細くする方法は違うし、万人に効果的なことはありません。

最も大事なことは原因の発見であり、

どうすればふくらはぎが細くなるのか?という方法よりも、なぜあなたのふくらはぎが太くなったのか?

この原因を知ることの方が重要なんですね。もし、本当に悩まれている方は、この原因は無料体験の中でお伝えできるのでぜひスタジオに相談に来てください。

遠方の方であれば、他のジムでも無料体験の中で見てくれるので、こういうのをうまく活用すれば、悩みを解決できる種を発見できるのでお得ですよね。

僕のところも含め、無料体験でカウンセリングをしてくれるジムをまとめておきますね。

まずふくらはぎを細くなっている原因をみつけ、スッキリしたふくらはぎへのスタートラインに立ちます。

②筋肉を緩め循環を改善する

本来は、原因を発見してからやるべきことを決めますが、今回は読者向けの提案なので、まずは筋肉を緩めて循環を改善していきます。

これは即効性があり、適切にできるとふくらはぎが細くなるので、まずは実践してみてください。

股関節や膝関節の捻れを改善する方法

手順

  1. 仰向けになり、足を肩幅ぐらいに開く
  2. 片側のくるぶしの外側を地面に軽くこするように膝を曲げる
  3. 股関節が緊張しない程度まで曲げる
  4. 膝を伸ばしていき、膝が伸びきると同時に太ももを内側に軽く捻る
  5. そして、開始姿勢に戻り、この動きを2分間繰り返す

ふくらはぎの筋肉を緩める方法

手順

  • 地面に座った状態で、片膝を立てる
  • ふくらはぎをリラックスさせておく
  • ふくらはぎを両手で軽く多い、気持ちよく感じる程度に揺らす
  • これを2分間続ける

この2つの方法によって、筋肉を緩め循環を改善していきました。これで、筋肉の張り、むくみが改善されると思います。

そもそも、ふくらはぎ太くなる原因って、筋肉が張っている、筋肉が硬くなることで循環が悪くなり、むくみもひどくなる。その結果太くなってしまうという流れがあります。

そこに食べ過ぎがプラスされると脂肪も加算されますよね。まずするべきことは、徹底的に筋肉を緩めることで、筋肉を緩めると、循環も改善できてむくみもスッキリします。

そうすると、ふくらはぎが細くなっていくんですね。緩めることはしんどいことではないし、トレーニングよりもハードルが低いので、やりやすいですよね。

アセチノはかなり筋肉をほぐせる

筋肉って揺らすと緩む性質があるので、先ほど揺らしたんですね。で、これって毎日続けると効果がよりわかりますが、そもそも仕事がある日って毎日こういうことできますか?

できる方は素晴らしいですし、それを続けてほしいんですね。だけど、どうしても続かない、そもそも動画方法は難しい。そんな方は「アセチノ」を使うと、ただ当てるだけで筋肉をほぐせます。

一言で言えば、脚やせスッキリアイテムです。これで毎日ふくらはぎをケアすれば、忙しい方でも簡単にふくらはぎをスッキリさせることができます。

まずは、ふくらはぎを細くしたい方は、筋肉を緩めることを毎日続けてください。

③ケアした後は着圧ソックスを履く

筋肉を緩めて、筋肉の張り・循環を改善できると、この時点でふくらはぎはむくみが改善された細い状態になっているはず。

このタイミングで、再度むくみづらくし、細い状態を維持するために着圧ソックスを履きます。

この、

筋肉を緩めて循環を改善する+着圧ソックスを履く

というセットを毎日続けると、それだけで今よりもスッキリとした細いふくらはぎになっていきます。

おすすめの、着圧ソックスはこちらです。

こういったケアをモデルや女優さんは当たり前のように習慣にしているからこそ、あれだけの細さを保っています。

④立ち方や歩き方を改善する

筋肉を緩めて、着圧ソックスを履く。ここまでは、家でのケアややれることになりますが、この状態をできるだけ維持するためには、立ち方や歩き方を改善する必要があるんですね。

なぜか?それは、こういう何気ない姿勢や動作で、ふくらはぎの筋肉が緊張してしまっているからです。

いきなりですが、

いずる
足裏のつま先辺りに皮膚が硬くなった、まめみたいな部分ってないですか?

ある方は、その部分に一番ストレスがかかっているということで、つま先に体重が乗ればふくらはぎの筋肉が硬くなり、循環が悪くなるので、これを改善する必要があるんですね。

じゃないとまた、ふくらはぎは太くなってしまう。では、どうやってふくらはぎにストレスがかからないように立てばいいのか?解説します。

ふくらはぎにストレスがかからない立ち方

手順

  1. 椅子に座り、脚を腰幅ぐらいに開いておく
  2. お尻の下に骨を感じる位置で座る
  3. 顔を前に送るように、身体をお辞儀させる
  4. お尻を浮かし、両足の踵に体重を乗せる
  5. 踵を感じたらまっすぐ立ち上がる
  6. これで立ち方の完成

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

立ったときに感じてほしいのは、骨で立つ感覚になり、ふくらはぎが全然緊張せず立てているとということです。

立ち方については、「自然な立ち方を習得する4つのステップ【骨で立つ】」も参考にしてみてくださいね。

続いては、歩き方の改善方法です。

ふくらはぎにストレスがかからない歩き方

手順

  1. 動かすポイントを胸辺りに設定し、そこを重心とする
  2. この重心を前にスーッと運ぶように前に進む
  3. 脚はみぞおち辺りからぶら下がっているイメージ
  4. 手足ぶらぶらリラックスし、重心を前にスーッと運び続けるとOK
  5. そうすると、着地は自然と身体の真下付近になる
  6. あとは、気持ち後ろ側の脚を気持ち置いていくように歩く

歩き方

歩き方

気持ち後方の脚を置いていくイメージで歩くと、ヒップに刺激が加わり、歩くだけでヒップアップできます。

歩き方

脚を前に出すのではなく、重心を前に運ぶイメージに変えると、着地って足裏全体で着地することができます。

そうすると、ふくらはぎへのストレスが加わらず、より楽に歩けるようになるんですね。

ヒールでの歩き方は、「ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】」を参考にしてみてくださいね。

このように、

筋肉を緩める+着圧ソックスを履く+立ち方や歩き方を変える=スッキリした女性らしいふくらはぎに近づける

という流れになります。

⑤必要であればダイエットをする

基本的に、ほとんどの方はここまでの流れでふくらはぎは細くなっていると思います。ただ、人によって理想が違うの、さらに細くしたい方はダイエットに移っていきます。

この5つの手順が適切に行えると、確実にふくらはぎを細くすることができます。

おそらく、頭の中で今この流れを読んでいただいたときに、細くなるイメージができたと思うんですが、いかがですか?

このイメージってすごく大事で、おそらく今イメージできた方は、そのまま実行すればふくらはぎを細くできるので、ぜひこの流れで実践してみてくださいね!

 

まとめ:ふくらはぎを細くしたい方はあとはやるだけ

今回の内容をまとめます。

  • ふくらはぎを細くするには、まず太くなった原因をみつけること
  • そして、次にやるべきことは筋肉を緩め循環を改善する
  • 筋肉が緩んだら、そのタイミングで着圧ソックスを履く
  • さらに、立ち方や歩き方を改善し、ふくらはぎにストレスがかからないようにする
  • 必要であればダイエットをして脂肪を落とす

こういった内容をお伝えしていきました。

この中で一番大切なことは原因の発見ですが、それ以上に大切なことがあります。それは何か1つでもいいので実行することです。

ここが圧倒的に少ない。おそらく100人お伝えすると、2人ぐらいしかやりません。でも、その2人は変わっていくんですよね。

2人のうちの1人を目指してください。その1歩が出る方は、その先、変わることができるはずです。

今回の内容が少しでも、自分が理想とする女性の1歩になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験を行っているジムまとめ

関連記事

▼ふくらはぎの外側の張りに悩む方に
ふくらはぎの外側の張りや筋肉を引き締める方法【緩めること】

▼ふくらはぎの内側の太さに悩む方に
ふくらはぎの内側の筋肉の張りは緩める+歩き方の改善で可能

▼ふくらはぎの筋肉を落としたい方に
ふくらはぎの筋肉を落とす方法【今からでもまだ間に合う】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ