キャッチャーのスローイングのコツや実践方法【ステップをうまく使う】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
キャッチャーをしているけど、セカンドへのスローイングが苦手。どうすればもっと良くなるんだろう?

今回は、そんな悩みにお答えします。

この記事では

  • キャッチャーのスローイングを3つのステップで解説
  • キャッチャーにおすすめしたい練習方法
  • メジャーリーガーのものまねも試合に役立つ

こういった内容をお伝えします。

肩が強い選手は、ステップを気にしなくてもいいかもしれませんが、肩の弱い選手は、ステップを変えると今よりも強い球が投げられる可能性があります。

今回は、キャッチャーのスローイング動作のコツやおすすめの練習方法について解説します。

 

キャッチャーのスローイング動作について

キャッチャーのスローイングを考える上で、動作を3つに分けて考えると整理しやすいと思います。

その3つというのが、

  1. キャッチ&ステップ
  2. 持ち替え
  3. スローイング

この3つになります。では、具体的にそれぞれどのような動きになるのか、解説します。

①キャッチ&ステップ

キャッチャーは、投手が投げたボールをキャッチし、ステップを踏んでスローイングに移っていきます。

このステップに対してよく聞くのが、身体の前でステップしてスローイングに移るというもの。こんな感じですね。

キャッチ

ステップ

この動作を実際にしてもらうとわかると思いますが、動きづらく、全体の流れはあまりスムーズとは言えません。

このようなステップではなく、ボールをキャッチしたと同時に、ポンッと前に踏み込むようにステップします。

ステップ

ボールをキャッチ

ステップ

ほぼサイドステップのような状態でスローイング体勢に入る方が、全体の動きとしてはスムーズで、実際スローイングも安定してきます。次は、持ち替えです。

②ボールの持ち替え

ボールをキャッチすると同時にステップを踏み、ボールを持ち替えスローイング体勢を作りますが、このときグローブの使い方もポイントになります。

より、速くスローイングするためには、ボールを捕ったグローブをすぐさま耳元に持っていきます。

ボールをキャッチ

ステップ

その途中でボールを持ち替え、より素早くスローイングできるようにしていきます。

この、ボールを捕る→ボールを持ち替えるという動作は、この部分を切り取って練習を繰り返すと、持ち替えは早くなるので、この練習方法は後程お伝えします。

③スローイング

ボールを握り替えると、後はスローイングになりますが、投手の投球動作はこのように腕のスイングが大きくなるのが自然です。

ただ、キャッチャーの場合、ここまで腕のスイングを大きくしてしまうとかなりのロスが生まれます。

ですので、耳元にボールを持っていくと、そのまま小さく一本背負いをするように、スローイングに入ります。

イメージ的には、このぐらいの動きです。

ボールを捕って、トンッ、トンッぐらいのタイミングで投げるイメージです。

ここまでお伝えした3つの動きを流れで見ていくと、こんな感じです。

実際に、社会人野球でプロを目指していたキャッチャーの選手にも、この動きを指導しましたが、かなり投げやすく、勢いのあるボールが投げられるようになったそうです。

キャッチャーのスローイングの全体のイメージは、このようになります。

では、こういったスローイング動作をするために、日頃、どのような練習をすればいいのでしょうか?詳しく解説します。

 

キャッチャーにおすすめしたい練習方法

先ほど、一連の動きをみていただきましたが、あの動きをするためには、練習の仕方を工夫します。

それは、

部分的な練習をしてから、全体の動きへとつなげていく

ということです。これだけだとイメージが湧きづらいので、1つ1つ順に解説します。

ステップワーク

まず行うことは、ボールを捕ったと同時に、つま先をトンッっと地面につけ、ステップのタイミングを合わせる練習です。

ボールをキャッチする。

ステップ

ボールをキャッチ

そのとき、つま先を着地させ、前方へ勢いをつけます。

ボールをキャッチするタイミングと、足を着地するタイミングを合わせることから始め、どういうステップが自分に合っているのかを確認します。

ステップの幅などは、全て自分が違和感なく自然に動ける足幅でいいですので、それを掴めるようにステップ練習を行っていきます。

これができると、次はボールの持ち替えです。

ボールの持ち替えの練習

ボールの持ち替えの練習をする場合、誰かにボールを投げてもらい、捕球してすぐにボールと一緒にグローブも耳元へ持っていく。素早く動けるように繰り返し練習します。

まずは、先ほどのステップと合わせず、持ち替えのみの練習を行います。そして、持ち替えの動作がより早くできるようになると、先ほどのステップも合わせて行います。

ここまでスムーズにできると、次は、スローイングの練習に移ります。

スローイングの練習

スローイングは、腕の振りを小さくするため、まずはこの腕の動きを確認するように、何度もスローイングを行います。

スローイングのイメージとすれば、

ボールと捕る→一本背負い、もしくは前の空間を切る

というイメージで動くと、素早くスローイングができます。腕の動きが小さく、スムーズに動かせるようになると、次は段階的にやることを変えていきます。

ステップの作り方

  • 立った状態でボールをキャッチし、動きを確認しながらスローイング
  • 立った状態でボールをキャッチすると、トンッ、とステップを踏みスローイング
  • 座った状態でボールをキャッチし、動きを確認しながらスローイング
  • 座った状態でボールをキャッチすると、トンッ、とステップを踏みスローイング

などのように、段階的に簡単な動きから難しい実際の動きへと変化させ、キャッチングから2塁へスローイングを行います。

スローイング練習のポイントは、キャッチャー自身が腕の動きがスムーズに動いていることを実感できることです。そして、難易度を徐々にあげ、できる→できる→できるというように、1つずつ確実にできるようにすることがポイントです。

ここまでの流れができると、かなりスローイングの質は変わってくると思います。ここから、より実践に近い練習へと移っていきます。

いろんな場所でキャッチしてからのスローイング

先ほどまでの流れができると、次は、ボールをキャッチする場所を高低、内外と散らしながら動きを身に着けていきます。

どういうことかというと、このようにキャッチングの場所が変わると、ステップを踏む方向や体重を移動させる位置が変わってきます。

ですので、確実にステップ、スローイングができるようになると、こういった形で実際のキャッチャーの動きを取り入れていきます。

もちろんノーバウンドだけではなく、ショートバウンド、ウエストボールなどからのスローイングなども行い、試合で想定される動きを練習します。

大事なことは、もう1つあります。

いろんな握りでスローイング

おそらく、練習のときはある程度気持ちやプレーにも余裕があるので、ボールもきちんと握ることができると思います。

ただ、試合ではどんな握りであろうとスローイングして、アウトにしなければいけません。ですので、これも練習の内からいろんなパターンを経験しておきます。

例えば、通常であればこのようなボールの握りだと投げやすいと思います。

ただ、あえて縫い目に指がかからないように投げてみたり、

わしづかみでボールを投げてみたり、

こういったいろんなバリエーションを経験しておくことで、いざ試合で同じ握りになっても、臨機応変に対応できるようになります。

そして、ここまでの流れができると、まとめとして、実際にピッチャーにマウンドから投げてもらい、2塁へのスローイングを行ったり、1・3塁への練習も行っていけばお伝えしたことがスムーズに習得できると思います。

このような形が、キャッチャーのスローイングを良くする1つの流れの例になります。実は、もう1つ遊び感覚で行ってほしいことがあります。

 

メジャーリーガーのものまねも重要な練習

メジャーリーガーには、化け物級の強肩キャッチャーがいますが、たまに見たことがありませんか?座った状態で送球している姿を。

これですよね。

このようにスローイングするためには、相当肩が強くないといけませんが、ただ、場面によっては座った状態で投げる必要があるかもしれません。

そのため、正確なスローイングをするための練習として行うのではなく、うまくできない前提でいいので、座ったままのスローイングを経験しておくことも、いざという時のためには重要です。

ですので、できないことを前提にこういう練習を行って経験しておくことも、キャッチャーとしては必要な練習になります。

 

まとめ:気持ち良くスローイングできるようになろう

今回は、キャッチャーのスローイングについてお伝えしましたが、最後に内容をまとめます。

  • キャッチャーのスローイングは、3つに分けると分かりやすい
  • キャッチ&ステップ、持ち替え、スローイングの3つ
  • 練習を行うとき、部分的な練習を行い、最後にまとめとして全体の動きを行う
  • 座ったままでのスローイングなど、できないことも経験しておくことが重要

こういった内容でお伝えしていきました。今回の内容が、少しでも参考になればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

▼しゃがめないと悩む方に
足首が硬いときの改善方法【ストレッチングは不要】

▼肩肘の痛みに悩む方に
野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因【動画で解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ