足の指の変形はシューズのサイズが合っていないと起こる【改善可能】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
足の指が変形してしまっているんだけど、これって直るんだろうか?指もちょっと痛いし、どうすればいいんだろう?

今回は、そんな悩みにお答えします。

この記事では

  • 足の指が変形する原因はシューズが合っていないから
  • テーピングなどで、指を自然な位置をインプットすると直る
  • 適切なサイズのシューズに変えることも必要

などをお伝えします。

長期間、足のサイズに合わないシューズを履くと、指は曲がったり変形したりします。改善のためには、自然な位置でキープし、その状態をインプットすると改善することが可能です。

今回は、足の指が変形する原因と改善方法について解説します。

 

足の指が変形してしまう原因

日頃、先の尖ったヒールを履いていたり、ちょっときつめのシューズを履いている方は、外反母趾になっていたり、足の指が曲がったままになっていませんか?

こうやって起こる足の指の変形は、シューズのサイズが合っていないことが一番の原因で、指が曲がったり、あっちの方を向いたりしてしまうんですね。症状を詳しく解説します。

シューズの横幅が合っていない

日本人って、欧米人と比べて足が横に広い傾向にあると言われているんですね。そのため、

  • 日本製のシューズ:横幅が広め
  • 海外製のシューズ:横幅が狭い

という特徴があり、日頃海外製のシューズやヒールを履いている方は、どうしても足や足の指が横幅に合わず、内側に寄せられるような状態になります。

もし、この状態を長時間続けてしまうと、その状態を脳がインプットします。だから、足の指って変形してしまうんですね。

自分の足に合わないシューズを履くと、このように指が曲がった状態になってしまったりします。

足の指の変形

まず1つ目の原因が、シューズの横幅が合っていないということです。2つ目の原因は、シューズの縦幅が合っていないということです。

シューズの縦幅が合っていない

自分に合ったシューズのサイズというのは、

シューズを履いて、踵をきちっと合わせた状態で、つま先に1cm余裕がある状態

が適切なサイズと言われています。なぜなら、人は歩いたり、ランニングをしたりするとき、シューズの中で1cm前方に足がズレるからです。

そのスペースがないと、足の指が曲がり、その状態が続くと足の指がこんな感じに変形してしまいます。

ハンマー足趾

ハンマー足趾

このように曲がった足の指のことをハンマー足趾と言います。

ちなみに、ハンマー足趾になると、第2関節辺りがシューズの上部に辺り、タコのように皮膚が硬くなることがあります。

これは、シューズの皮と皮膚がこすれ合った結果、皮膚が硬くなってしまいます。こういった部分は、シューズと皮膚がこすれ合わないようにすれば、改善が可能です。

長時間維持されることで変形する

足の指は何もなければ変形することはありません。でも、何かが原因で足の指は変形してしまいます。その原因は上記でお伝えしたようなシューズの問題が大きく関与していると考えられます。

シューズの影響を受け、変形するような状態で長時間、長期間維持させることでその状態を脳がインプットしてしまう。

この原因から考えると改善方法は、本来の足の指の位置を再度インプットさせてあげることで改善できるはずです。

実際に現場でもこのような考え方で足の指にテーピングを貼り、改善に取り組むと足の変形が改善されました。

では、具体的なテーピングの貼り方についてご紹介しますね。

 

足の指の変形の改善方法

先ほど、足の指が曲がった状態のことをハンマー足趾というとお伝えしましたが、まずはハンマー足趾の改善から行っていきます。

ハンマー足趾の改善方法

ハンマー足趾の改善方法は、足の指を伸ばして維持できるようにテーピングを貼ります。

ハンマー足趾

人差し指にテーピングを貼りますが、こういう感覚でテーピングを貼ります。

  • 最初に、人差し指の裏にテーピングを貼る
  • 足の指を伸ばした状態を維持できるように貼る
  • 後は、このまま過ごすだけでOK
いずる
方法はシンプルで、足の指が本来の位置で維持できるように、テーピングを貼るだけです!

テーピング

このテーピングにプラスして、シューズを適切なサイズのものに変えると、足の指は伸び、自然な状態に戻るはずです。

続いては、よくある小指の捻れの改善方法をお伝えしますね。

足の小指の捻じれの改善方法

足の小指の爪が外側を向くように捻じれてしまっていることがあるんですね。こんな感じです。

足趾

テニスをしているクライアントさんがいて、足の小指の付け根あたりの痛みに悩んでいる方がいました。この方の小指もまさにこういう状態になっており、テーピングで改善していきました。

テーピングの貼り方は、こんな感じです。

  1. まず、小指の裏側にテーピングを貼る
  2. 小指の爪が天井を向くように捻り、足の甲に向かってテーピングを貼る
  3. あとは、この状態を維持できるようにすればOK

テーピング

このように改善方法は非常にシンプルですが、問題はテーピングの貼り方です。

どの位置で固定し、どのような強度でテーピングを貼るのか。そういったことが適切にできていないと逆に足の指が痛みます。

微調整をしながらテーピングを貼り、結果的に足の指の捻じれも改善できたということがありました。

ここでは紹介できていませんが、外反母趾になる原因と改善についても同じ考え方で改善することができます。

外反母趾の場合、専用のテープなどが出ているので、こういうものを活用すると、一般の方でもうまく改善ができると思います。

 

足の指の変形が筋トレでは改善しない理由

足の指が変形する原因を考えると、改善のために必要なことは筋トレではないことがわかると思います。

よく、足関連の痛みがあると、タオルギャザーといって、こんなエクササイズをすることがあります。

タオルギャザー

足が変形する理由は、日頃から変形するように維持されてしまい、それをインプットしたことによるものです。

決して筋力が低下したからではありませんし、タオルを掴むことをしても足の指の変形は改善しません。

このように、何かの症状は筋トレをすれば改善するというような簡単なことではなく、そもそもの原因を深く探ることが何よりも重要なことです。

 

まとめ

今回は、足の指の変形についてお伝えしていきました。指が変形する原因に、日頃からよく履くものが関与している可能性が高いと思います。

それが原因の場合、足の指を本来の状態にテーピングなどで固定し、その位置をインプットさせます。そうすると足の指の変形は改善されます。

あとは、どのようにテーピングを貼ればいいのかを理解する必要がありますが、うまくできると足の指も本来の状態に直ります。そして、シューズを適切なサイズのものに変えれば改善ができるはずです。意外とシンプルですよね。

今回の内容が少しでも足の指の変形で悩む方の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

▼膝の内側の痛みに悩む方に
鵞足炎の原因とあまり知られていない改善方法【緩める+αが重要】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ