脚やせジェルの選び方とおすすめ2選【成分はあまり重要ではない】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
脚やせしたいけど、マッサージジェルとか塗ると効果あるのかな?どんなものがいいんだろう?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • 脚やせジェルを選ぶとき、成分はそこまで重要ではない
  • できるだけオーガニックで、滑りが良いものを選ぶ
  • おすすめのものを2選ご紹介

そんな内容をお伝えします。

パーソナルトレーナーとして約10年活動していますが、今までレッスンで脚やせジェルを使ったことはありません。でも脚やせできたことは何度もあります。というのが、ほぼ答えです。

今回は、脚やせ目的の方がジェルを買う時の選び方やおすすめのものをご紹介します。

 

脚やせしたい方は成分でジェルを選ばない方がいい

そもそもですが、脚やせしたい方は、ジェルを使う必要があるか、ないかで言えば僕は必要ないと思います。なぜなら使わなくても、脚やせは可能だからです。

ただ、全く効果がないのかと言えばそうではないですが、ジェルよりもオイルの方がおすすめです。

この辺りをまず解説していきますね。

脚やせは筋肉を緩めると可能

まず前提として、筋肉を緩めると、脚の張りやむくみが改善され、脚やせすることは可能です。これは間違いありません。

では、筋肉を緩めるために必ずジェルが必要かと言われると、それは違うと思います。使わなくても、筋肉を緩めることができます。

ただ、オイルを使うと筋肉を緩めやすくなることがあり、その結果脚やせにつながる可能性があります。いきなりですが、まずはこれを試してみてください。

胸の筋肉に触れる

試してほしいこと

  1. まず、片側の胸の筋肉をつまみ、筋肉の硬さを確認する
  2. 確認できたら、胸全体を覆うように軽く手を当てる
  3. 胸に触れたままで、深呼吸を1分間繰り返す
  4. 再度胸の筋肉をつまみ、硬さを確認する

胸の硬さを確認

呼吸

胸の筋肉が柔かくなったのがわかりましたか?筋肉って軽く触れた状態で呼吸をすると、筋肉が緩むんですね!

なぜこのようなことが起こるのか、これは説明できます。

触れて呼吸をすると筋肉が緩む理由

先ほど筋肉が緩んだのは、こういう反応が身体の中で起こっていたからです。

筋肉が緩むんだ理由

  • 皮膚に20g以下の負荷が加わると体内で一酸化窒素が分泌される
  • 一酸化窒素は、血管を拡張する
  • 血管が拡張すると、血流が良くなる
  • 血流が良くなると、筋肉は緩み、むくみも改善する

こういったことが起こっていました。つまり、人は皮膚に軽い負荷がかかるだけで、筋肉が緩むという反応が起こるわけです。

ですので、脚やせしたい方は、気になる部分に軽く触れるとその部分の筋肉が緩み、むくみが改善されるので脚やせすることができるんですね。

そこにプラスして、軽く擦ることでさらに脚やせにつながるので、次はこれを試してみてください!

擦って脚やせする方法

手順

  1. 地面に座った状態で、片脚をリラックスして伸ばす
  2. 太ももに軽く手を添え、赤ちゃんを優しくなでるぐらいの強さで擦る
  3. これを2分間行う

このとき、20g程度の強さで皮膚を優しく擦ることができると、より張りやむくみが改善されます。

ただ、これにはテクニックがかなり必要で、一般の方であればおそらく今の力加減では強すぎるんですね。この微妙なタッチの差で結果は大きく変わってしまいます。

だから、より優しく20g程度の強さに近づけるために、オイルを塗って滑りをよくするわけです。そうすると、今行ってもらったよりも、適切な強さで擦ることができ、脚やせを実感できるはずです。

オイルを使う場合、オーガニックを選ぶ

では、どういったオイルがいいのかというと、オーガニック・無添加のものがおすすめです。理由は単純で、不純物が入っていないから。

それだと身体に害はないですし、安心して使えますよね。いろんな成分が入っているものがありますが、正直効果にそこまで差はでません。

それよりも、皮膚をより優しく擦れるようにすることの方が、脚やせには重要なので、成分を気にしている方はオーガニック一択でいいと思います。

 

脚やせしたい方におすすめのオイル2選

僕が実際に使ってみてよかったのは、この2本です。

特にCODINAは、滑りがよくなりますし、皮膚がすごい柔らかくなった感覚がありましたね。脚やせオイルといってもいいと思います。

皮膚が柔らかくなると脚やせにプラス

身体ってつながりがあって、皮膚が柔らかくなるとその下にある筋膜も柔らかくなります。筋膜が柔らかくなると、その下の筋肉も柔らかくなります。

つまり、皮膚が柔らかくなる=筋肉が緩み、よりむくみが改善されるので、脚やせにはかなり効果的だということになります。

同じことをやるなら

想像してみてください。

仕事上がり、お風呂から上がって疲れた身体を癒すために身体のケアを始める。太ももに軽く手を添え、擦り始める。2分経って、逆側も・・・。脚、少し細くなってきた。

こうやって同じケアをするときに、オイルを使っていると、

クライアント
今日も脚がスッキリした!

という感想に変わるはずです。こういう小さな積み重ねは、いずれ大きな差となります。そういうことを考えると、オイルを使うこともありだと思います。

テクニックが適切であればオイルは不要。ただ・・・

最後に、今回お伝えしたかったことをまとめると、基本的にはジェルは不要です。

ただ、オイルを使って滑りを良くすることで、一般の方ほど脚やせに効果の差が出る可能性が高いと思います。

ですので、同じことをしてより脚やせしたいのであれば、オイルを使うことはありだと思います。

今回は、マッサージジェルやオイルの選び方、必要性、活用方法についてお伝えしていきました。

少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、CODINAは現在初回限定で送料無料で購入することができます。リピート率NO.1のアルガンオイルですので、ぜひ脚やせしたい方は活用してみてくださいね!

おすすめの脚やせオイル

関連記事

▼お尻のたるみが気になる方に
簡単にヒップアップする方法【骨盤の傾き+脂肪の移動】

▼太ももの外側の張りに悩む方に
太ももの外側の張りを改善する方法【脚の捻れを直すこと】

▼太ももの前側が太いと悩む方に
太ももの前側が太いなら筋肉を緩める+歩き方の改善で細くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ