ヒールを履いた時の立ち方はつま先重心?かかと重心?どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
ヒールを履いていると、つま先重心が自然なんだろうか?踵が上がってるからつま先に乗ることが普通っぽいけど、実際はどうなんだろう?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • ヒールで立つ時は、ピンに体重が乗るのが自然
  • つま先重心になると太ももの前側が張る
  • 重心を引き上げると、お腹も引き締められる

などをお伝えします。

今回は、ヒールを履いた時の重心位置は、つま先か?それとも踵か?を解説します。

 

よく見るヒールを履いた女性の立ち方

結論から言うと、ヒールを履いた時の重心位置は踵で、ピンで立つような感覚が自然です。その理由を解説していきますね。

電車待ちや信号待ちをしている女性を見ると、このような立ち方をしている方をよく見かけます。

立ち方

  • つま先重心
  • 膝が少し曲がっている
  • へそを前に突き出すように立っている

こんな立ち方になっていないでしょうか?

この立ち方が良いか悪いかは別にして、ご本人の感覚としては特にいつもと変わらない、自分の中での“普通”の立ち方だと思います。

ただ、このような立ち方をすることで、

  • 太ももの前側が張る
  • ふくらはぎが硬くなる

こういったことが起こる可能性があるんですね。

太ももの前側を引き締めるためには、この立ち方を変える必要がありますが、ヒールを履いた状態では、どのような立ち方をすればいいのでしょうか?

 

ヒールであっても重心は踵

ヒールを履いて立ったとき、構造上つま先で立っているように見えますし、つま先重心になるのが自然だと考えている方も多いと思いますが、重心位置は踵にします。

踵の位置にはちょうどピンがあり、このピンに体重をかけるようなイメージで立つと、太ももやふくらはぎの緊張はこれだけで改善されます。

いずる
脚の張りで悩んでいる方は、これだけで改善できますからね!

画像で確認すると、べた靴・ヒール共に足元の環境が違っても、足首から上の状態は一緒であり、踵に体重をかけます。

立ち方

壁立ち

このように踵、ピンに体重をかけることで骨で立つ感覚が得られ、楽に立つことができるはずです。

試すとわかりますが、ヒールを履いた状態でつま先に体重をかけるとふくらはぎが緊張します。

つま先立ち

逆にピンよりも少し後ろの位置に体重をかけてみたり、へそを突き出して立つと太ももの前側が緊張することが確認できると思います。

太ももの前側が張る

つまり、この真ん中の位置であるピンの位置で立つことが自然と考えることができます。

そして、この位置に体重が乗れば、太ももやふくらはぎは緊張せず、楽に立つことができるんですね。

立ち方

もし、太ももの前側の張りで悩んでいる方は、「太ももの前側が太いなら筋肉を緩める+歩き方の改善で細くなる」を参考にしてみてくださいね。

 

立つから歩くにつなげる

人間の身体はつながりがあり、

  • 立ち方→歩き方
  • 歩き方→走り方

それぞれに影響を与えます。例えば、立っているときに右肩が下がっている方は、歩いても同じように右肩が下がって歩くことが多いです。

場合によっては歩き方の癖が違って、その通りにならないこともありますが、立ち方の影響はその他の動作に影響しやすいんですね。

ヒールを履いた時の立ち方から考えると、膝が曲がった状態で立っていると、膝を曲げながら歩いてしまう可能性が高い。

もし膝を曲げながら歩いてしまうと、太ももの前側にかかるストレスが非常に大きくなり、それだけでも太くなる可能性があります。

脚を太くしないためにも、まずベースである立ち方を変え、踵重心になることが脚を引き締めるためにも、むくみの改善をするためにもまずは立ち方を自然な状態にするということは大事なんですね。

 

ヒールを履いた時の重心位置によって体型が変わる

ヒールを履いた時の重心をどこに置くのか?それによって体型が変わってしまうことがあります。

太ももの前側が張る

先ほどもお伝えしましたが、つま先に体重をかけ、へそを突き出すような立ち方の場合、太ももの前側が張り出します。

つま先に体重をかけ、へそを突き出すように立つと太ももの前側が張ってくることがわかると思います。

立ち方

考え方としては、太ももの前側の刺激を抜くためには、ヒールでの立ち方はピンで立つということです。

次は、お尻のたるみについて見ていきますね。

ヒップが下がる

つま先に体重を乗せ、へそを突き出すように立つと、骨盤の位置が自然な位置から崩れます。そうすると、お尻って下がってしまうんですね。こんな違いが出ます。

お尻の形

立ち方

比べると、違いがよくわかりますよね。

ヒールを履いて立った場合、この骨盤の位置関係は特に変わりやすいので、日頃からピンで立つことはかなり重要になってきます。

ちなみに、このようにできたお尻のたるみは、日頃から着圧のスパッツを履いてお尻の形が整うように維持しておきます。

そうすると、大体1ヶ月程度で形が変わっていき、簡単にヒップアップしていきます。バストも同じで、日頃からバストの形を整えるように下着をつけておくと、簡単にバストアップしていきます。

こういったものをうまく使うことで、簡単にたるみや形を改善できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続いては、お腹のたるみとの関係について見ていきますね。

お腹のたるみ

先ほど、お尻のたるみについてみてもらいましたが、もう1度同じ画像をご覧ください。

お尻の形

立ち方

お腹に注目してもらっていいですか?後者の画像って、お腹がかなりたるんでいますよね。

身体は、重心が下がり、骨盤の位置が崩れてしまうとお腹もたるんでしまうんですね。つま先重心になっている方は、特にお腹のたるみや膨らみがあるはずです。

こういったところにも影響が出てしまうんですね。

もし、お腹のたるみが気になる方は、「お腹のたるみの原因と改善方法【自然体に直すこと】」も参考にしてみてくださいね。

このようにヒールを履いた時の重心がずれてしまうだけで、これだけ体型に影響があるということです。

 

まとめ

では、最後に今回の記事をまとめます。

  • 一般的にはヒールを履いた立ち方はつま先重心が多い
  • つま先重心で立つと、へそが突き出やすく全体の姿勢が崩れやすい
  • このような立ち方をすると、ヒップが下がり、お腹もたるむ可能性がある
  • ヒールを履いている、いないに関係なく踵で立つ
  • 骨で立つことでより楽に立つことができる

このような内容でお送りしていきました。

ヒールを履いたときの重心は踵であり、素足のときも同じですよね。すべてのベースは、この踵で立つことだと思うので、ぜひ日頃からピンに重心を置き、生活してみてくださいね。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

▼ヒールでの歩き方について
ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】

▼太ももの外側の張りに悩む方に
太ももの外側の張りを改善する方法【脚の捻れを直すこと】

▼太ももの内側のたるみに悩む方に
太ももの内側のたるみは脚の捻じれを改善すれば引き締まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ