お尻の外側にある脂肪が溜まってしまう原因と改善【自然体に直すこと】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
最近、お尻の外側の脂肪が気になるし、お尻もぺたんこだし気になるな。どうすれば引き締められるんだろう?

今回は、そんな悩みにお答えします。

この記事では

  • お尻の外側に脂肪が溜まる原因
  • 自然体に直すと、改善できる
  • 脂肪が多い場合は、ダイエットも必要

こういった内容をお伝えします。

お尻の外側をいくら鍛えても改善できません。なぜなら、股関節の捻れが原因でお尻の外側がたるんでいるからです。まずは自然体に直すことで引き締めることが可能です。

今回は、お尻の外側に脂肪が溜まってしまう原因と改善方法について解説します。

 

お尻の外側に脂肪が溜まってしまう原因

いきなりですが、この女性のお尻の外側にはあまり脂肪が溜まっているようには見えませんよね。

お尻

次に、この女性はどうでしょうか?

ポコッと張り出す

こういうお尻の外側に脂肪が溜まってしまうような膨らみが気になる。こういう状態に悩んでいませんか?なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

日常の立ち方に問題がある

先日、画像の女性のように、お尻の外側に脂肪が溜まってしまった女性とのレッスンがありました。この女性のたるみの探っていくと、立ち方が原因ということがわかってきたんですね。

その立ち方というのは、へそを突き出すような立ち方で、こんな感じです。

立ち方

台所によく立つ方は、お腹を台に当て、こういった立ち方をしているときがよくあるかもしれません。

へそを台所にくっつける立ち方

1つ目の原因は、この立ち方の影響を受け、骨盤が自然な位置から崩れることでお尻の脂肪が落ちてしまうということが考えられました。

もう1つの原因は、股関節の捻れが関係しています。

股関節の捻れもお尻の外側の脂肪と関係がある

もうひとつお尻の外側に脂肪がたまる原因として考えられることが、股関節の捻れです。

お尻の筋肉は股関節の外側に付着する

お尻の筋肉で一番大きな筋肉を大殿筋といいます。この筋肉は、お尻の真中辺りから脚の外側の大転子という部分に付着する筋肉です。

お尻の筋肉のつき方

最近よく見かけますが、太ももを内側に捻じるように立っている。

脚を捻じる

こういう立ち方をしていたり、脚を内側に捻ってしまっていると股関節が捻じれ、本来後ろに膨らみを持つお尻の筋肉が外側に引っ張られてしまいます。

お尻の筋肉

筋肉が外側に引っ張られると、当然その周辺にある脂肪も外側に引っ張られ、脂肪の方がよく動くので、お尻の外側に脂肪が溜まってしまう。

つまり、お尻の外側に脂肪が溜まっているようになるのは、

  • 骨盤の位置が本来の位置から崩れる
  • 股関節の捻れ

この2つの原因によって、お尻の外側の膨らみ、たるみができてしまっているということなんですね。

お尻の外側の脂肪を改善するためにまず考えることは、骨盤の傾きや股関節の捻じれを改善することです。

いずる
捻れのない自然体に直すことがポイントですね!

そうすることで、お尻の外側を引き締めることができます。では、どのように自然体に直せばいいのでしょうか?

 

骨盤の傾きや股関節の捻じれを改善する方法

骨盤の傾きを自然にするためには、座った状態で坐骨を感じることです。と言われても、少し難しいですよね。具体的に解説しますね。

座った状態で骨盤の位置を自然な状態にし、そこから立つと、立ち方も自然になるので、座る→立つという手順でお伝えします。

骨盤の傾きを整える方法

まず用意するのは、椅子の上に固めの板を用意します。

硬めの板

椅子が木などの硬い素材の場合、そのままでOKです。

いずる
硬いところに座ると、坐骨が感じやすいので、骨盤の位置を認識しやすくなります!ちなみに柔らかい素材は、坐骨を感じにくいのでNGです。

では、具体的な方法に移ります。

手順

  1. 椅子の上に置いた板の上に座る
  2. 左右のお尻の真中辺りに骨を感じ、その骨で座る(これが坐骨)
  3. へそを前に突き出すように骨盤を前傾させる
  4. 身体を丸めるように骨盤を後傾させる
  5. 何度か骨盤の前後傾を繰り返し、坐骨の位置を認識していく
  6. 腹筋と背筋共に一番リラックスした位置で止める。そこが坐骨で座れる位置になる

坐骨

坐骨で座る

座り方

座り方

座り方

このような手順で骨盤を軽く動かし、坐骨の位置が認識できればそこから立ち方に移ります。立ち方については、この手順で行っていきますね。

手順

  1. 顔を前に送るように前傾していく
  2. 椅子からお尻を離し、両足の踵に乗る
  3. 踵を感じながら真っすぐ立ち上がる

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

このような立ち方ができると、骨盤の位置が自然な位置にくるので、楽に立つことができます。これで、骨盤の位置が改善できました。

これと合わせてしてほしいことが、股関節の捻れを整えることです。

今、立っていただいたとき、踵に体重が乗っていることがわかりますか?この位置に体重を乗せたまま、次のことに移っていきますね。

股関節の捻じれを整える

股関節の捻じれを整える方法はいろいろありますが、今回は立った状態で整えていきたいと思います。早速お伝えしますね。

手順

  1. 足を肩幅に開き、つま先を軽く開く
  2. 体重を踝の真下(踵)で支える
  3. 膝カックンされるように軽くしゃがむ
  4. 踵に体重を乗せた状態でスッっとしゃがみ、立ち上がる
  5. しゃがんだとき、膝とつま先の方向を揃える
  6. これを50回×3セット行う

この位置に体重を乗せますね。

重心の位置

足幅は、これぐらいに開きます。

足幅

動きのイメージは、このようになります。

膝が内側に倒れてしまうとうまく股関節は調整されません。

膝の向き

自分で見たときには少しがに股のように見えると思いますが、踵に体重が乗った状態でしゃがめるとこのように見えます。

膝の向き

このような方法でしゃがむ、立つを繰り返すと股関節の捻じれを改善し、お尻の外側のたるみもスッキリしていきます。

また、

などでお伝えしている調整法をしていただくと、さらにお尻の外側を引き締めることができるので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スパッツで脂肪を移動させて生活する

ここまで、股関節を調整し、立ち方を改善していきました。次は、さらにお尻の外側を引き締めるために、脂肪を移動させるということをお伝えします。

脂肪は移動させ続けると場所が変わる

例えば、胸の脂肪って、胸を盛るように内側に寄せるとしますよね。この状態を約1ヶ月間、下着を使って日常生活で寄せ続けるとします。

そうすると、その位置をインプットして胸の形が変わるということが起こります。つまり、脂肪は移動させた位置で、ある程度の期間維持すると定着する。

お尻の外側の脂肪も同じで、お尻を盛るように着圧スパッツで日頃からお尻の形を整えておきます。たったこれだけで、さらにお尻の形は良くなり、外側の脂肪を移動させることができます。

スパッツは、「キュッとふんわりスパッツ」がおすすめで、これは美尻スパッツですね。立ち方を改善すると同時に、スパッツを活用すると、よりヒップアップできるようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

もし、胸の形を整えたい方は、「ふんわりルームブラ」が使いやすく、簡単にバストアップできるので、おすすめです。

 

根本的に全身の脂肪が多すぎる場合はダイエットも必要になる

ここまで原因と改善についてお伝えしていきましたが、根本的な問題として身体の脂肪が多い場合、ダイエットも必要になります。

食事の調節をするのか、また運動不足の方は運動をするのか、それは個人によって変わってきますが、ダイエットについては別の記事でまとめていますので、こちらを参考にしてみてくださいね。
【ダイエット成功例】9ヶ月で-16kgした食事方法をご紹介

 

日常の中でヒップアップすることもできる

女性の場合、日常の動作でヒップアップすることが可能です。

その動作というのが歩くという動作です。誰もが毎日行う動作ですが、特にヒールを履いて歩く場合、歩き方が改善できるとヒップアップしてきます。

一般的には、膝が曲がって歩いてしまっているので、太ももの前側が張ってきてしまう。

ヒップアップ

太ももの前側の太さで悩む方の原因のひとつにこのヒールでの歩き方がありますし、こういう歩き方ではお尻は下がってきてしまいます。

そうではなく、脚が後方に残り、膝が伸ばされているような状態で歩くことができるとヒップアップされていくんですね。

こういう日常の動作を変えることも、ヒップアップにとっては非常に大事なことなので、ヒールでの歩き方を詳しく知りたい方は、「ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】」も参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

お尻の外側に流れている脂肪を引き締めるためには、骨盤の位置や股関節の捻じれを改善し、根本的な原因の立ち方を改善することです。

大切なことは根本的な原因の立ち方を変えること。

どれだけ調整を行ったとしても、根本原因である立ち方が不適切だとまた状態は戻ってしまいます。身体を整えることと同時に日頃の立ち方を変えることではじめて改善します。

ぜひ日頃から意識を高く持って、立ち方に気を配り修正してみてくださいね。今回の記事の内容が少しでも、お尻の悩みの改善につながる内容であればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

▼お尻のたるみが気になる方に
お尻のたるみの改善方法【日常生活でヒップアップするのは可能】

▼ヒップアップしたい方に
簡単にヒップアップする方法【骨盤の傾き+脂肪の移動】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ