筋肉を緩める5つの方法【キャンペーン情報もご紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
最近、筋肉がパンパンに張ってきたから少し緩めたいな。でもどうすれば筋肉って緩められるんだろう?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • 筋肉を緩める方法はたくさんある
  • その中でも一番難しいのは、ストレッチング
  • 筋肉を緩めたい方にお得なキャンペーン情報

こういった内容をお伝えします。

筋肉を緩めるためにはストレッチングよりも、もっと簡単な方法があります、ぜひ実践を通して体感してみてくださいね!

今回は、筋肉を緩める5つの方法を解説します。

 

筋肉を緩める5つの方法

一般的には、筋肉を緩める=ストレッチングというイメージってないですか?

僕は、パーソナルトレーナー歴約10年ですけど、トレーナーの中で最も難しいテクニックの1つがストレッチングなんですね。

だから、ほとんど現場では使わなくなっています。だけど、筋肉を緩める方法の1つではあるので、ストレッチングも含めて方法をご紹介しますね。

①ストレッチング

ストレッチングで筋肉を緩める場合、筋紡錘という筋肉の伸ばされる程度を感知する器官がキーマンになります。

ストレッチングって、痛い=効果的!って感じがしませんか?実は、あの感覚はNGで、筋肉が緊張して硬くなる可能性があるんですね。

例えば前屈をするとします。

ストレッチング

このとき、主にハムストリングスと言われるもも裏の筋肉が伸ばされていますが、この筋肉の中に筋紡錘といわれるセンサーがあります。

ある程度のところまで筋肉が伸ばされると、

筋紡錘
そろそろ伸ばすのをやめないと、筋肉が切れてしまう。よし、筋肉を縮めよう!

という感じになり、痛みを感じるぐらい筋肉を伸ばすと筋肉は縮もうとする=緊張します。

ストレッチングの目的は、筋肉を緩めることです。ですので、筋紡錘を刺激しないように必ず気持ちよく感じる程度にストレッチングを行う必要があります!

気持ちのいいところで筋肉を伸ばしていると、筋紡錘が、

筋紡錘
この辺りの長さだと、筋肉が切れる心配はなさそうだな!

と安心する=伸ばされた長さに適応すると、筋肉が緩むという反応が起こります。これは個人によって変わりますが、約30秒と言われています。

だからストレッチングで筋肉を緩める1つの目安は、30秒になります。

ストレッチングで筋肉を緩める方法

  • 気持ちのいいところで、筋肉を伸ばす
  • ストレッチングの時間の目安は30秒
  • 伸ばしている部位から意識を外す(より緩む)
  • 呼吸を止めないこと

こういったことを気をつけて行うと、より筋肉を緩めることができます。

なお、身体を温めた状態でストレッチングを行うホットヨガは、かなり身体が緩むので、女性には特におすすめですね。

おすすめのホットヨガもまとめておきますね。

こういうホットヨガ通っている女性って、カッコいいですよね!

太ももの外側のストレッチングについては、「太ももの外側のストレッチング方法【膨らみ・張り・痛みに効果的】」も参考にしてみてくださいね。

②筋肉に軽く力を入れて脱力する

筋肉って、軽く力を入れた後に脱力すると、それだけで緩めることができるんですね。座りっぱなしの状態がつづくと、ぐ~っとけのびして、はぁ~と脱力したりしませんか?あれです!

身体が硬い人って、筋肉が縮まっている状態なので、その真逆の伸ばす・ストレッチングすることがきつく感じるんですね。

だけど、筋肉を縮めること=力を入れることは簡単なので、伸ばすよりも縮めることで緩める方が楽に筋肉を緩めることができます。

実際にやってみましょう!

筋肉を縮めて緩める方法

  1. 長座の状態で座り、軽く膝を曲げる
  2. その状態で一度前屈し、硬さの感じるところで止める
  3. 踵で地面を軽く10秒間押し、脱力する
  4. 再度前屈をすると少し柔らかくなっているので、再度硬さの感じるところで止める
  5. 同じ手順で繰り返す

前屈

ストレッチング

このように、筋肉は軽く力を入れるように収縮させた後、脱力すると緩めることができます。

③気持ち良く身体を動かす

ガムってあるじゃないですか?ガムって噛んでいると、徐々に柔らかくなって、びよ~んと柔らかくなって伸びますよね。これに筋肉も似ています。

何が言いたいのかというと、気持ち良く感じる程度に身体を軽く動かしていると筋肉は緩むんですね。

これは体感する方が分かりやすいので、実践して感じていただきますね!

身体を動かして緩める方法

  1. 座った状態で、右膝を90度ぐらいに立てる
  2. 両手は身体の後ろにつき、体重を腕に乗せておく
  3. 足首を緊張しない程度に、2分間軽く動かす

この後、左側のふくらはぎと柔らかさを比べてみてください。そうすると、右側のふくらはぎの筋肉が緩んでいることがわかると思います。

このように、身体を気持ち良く動かすことでも筋肉を緩めることができます。

④呼吸で筋肉を緩める

これは③と同じ原理で、気持ち良く感じる深さで呼吸を繰り返すと体幹部分を緩めることができます。

呼吸も筋肉の動きによって行われているので、気持ち良く感じる程度に呼吸を繰り返すと、体幹周りが簡単に緩みます。

早速実践していきますね!

呼吸で筋肉を緩める方法

  1. 仰向けになり、脚を肩幅ぐらいに開く
  2. お腹に手を置き、お腹を軽く動かすように呼吸をする
  3. 鼻から軽く息を吸い、お腹を少し膨らませる
  4. 口から細く長く息を吐き、お腹を軽く凹ませる
  5. 気持ち良く深呼吸を繰り返す
  6. できれば5分以上行う

こういう一定のリズムで呼吸をすることで、脳からセロトニンという快楽ホルモンが出てくるんですね。

セロトニンは、副交感神経を刺激して、脳をリラックス状態にしてくれます。この脳のことも筋肉を緩める上では大切で、次の脳との関係が5つ目の方法となります。

⑤脳をリラックスさせる

レッスンでの経験を通じて、脳をリラックスさせておく、緩めておくことがいかに大事かということを痛感しています。

というのは、筋肉の状態を管理しているのは脳ですよね。当然、この脳が緊張した状態では、筋肉は緩みづらいはずです。

ですので、脳を緩めておくことは筋肉を緩める上でも重要になることがなんとなくわかってもらえると思います。

そのためには、先ほどもお伝えした副交感神経を刺激し、自律神経を整えておくことがポイントになります。

人は一定のリズムを感じると脳からセロトニンが分泌され、そのセロトニンによって脳がリラックス(緩む)すると言われています。

リズム運動とは

  • ウォーキング
  • ランニング
  • ガムを噛む
  • 呼吸をする など

こういった運動を一定のリズムを感じながら行うことで、脳がリラックスし、より筋肉が緩みやすくなることがわかっています。

そして、このときセロトニンの材料であるトリプトファンが体内により多くある人の方が、さらに脳をリラックスさせることができ、より筋肉が緩みんだ自然体に近づきます。

トリプトファンはサプリで手軽に摂れるので、こちらを参考にしてみてください。

これらは、睡眠の質を高め、イライラなどにも効果があり、本来の自分を取り戻せるサプリです。

 

まとめ:筋肉を緩める方法はいろいろある

今回お伝えした筋肉を緩める方法は、

筋肉を緩める方法

  1. ストレッチング
  2. 筋肉に軽く力を入れる
  3. 身体を気持ち良く動かす
  4. 呼吸をする
  5. 脳をリラックスさせる

という5つでしたが、実はこれでも一部なんですね。その他にも、筋肉を揺らす・擦るなどの方法もあり、身体はいろんな方法で緩めることができます。

ですので、身体が硬い、筋肉を緩めたいという方は、自分に合う方法を見つけて実践してもらうといいかなと思います。

今回の内容が、少しでも筋肉を緩めるきっかけになればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、今ホットヨガスタジオのカルドやLAVAはキャンペーン中で、初月月会費や入会金、事務手数料が無料になります。身体も心もスッキリさせ、本来の自分を取り戻したい方は今がチャンスなので、ぜひ行ってみてくださいね!

おすすめのホットヨガスタジオ

本来の自分を取り戻すサプリ

関連記事

▼足首が硬いと悩む方に
足首が硬いときの改善方法【ストレッチングは不要】

▼太ももが硬いと悩む方に
硬いと悩む太ももを柔らかくする方法【改善方法を動画で紹介】

▼首こりに悩む方に
首こりに悩む方におすすめしたい枕と選び方【高さ+高反発】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ