部分痩せが可能な理由と方法について【考え方を整理すれば可能】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
太ももの外側とか、ふくらはぎの外側の張りが気になるけど、こういうところの部分痩せってどうやってすればいいだろう?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • 部分痩せはダイエットでは難しいけど、他の方法であれば可能
  • 専門家が言う部分痩せと、一般の方が求める部分痩せの意味が違う
  • その意味の違いを整理すると、部分痩せは可能だとわかる

こういった内容をお伝えします。

基本的に部分痩せは可能です。特に、太ももの外側、膝上のたるみ、ふくらはぎの外側・内側の張り、お腹のたるみ、こういった箇所は部分的でも細くすることは可能です。

今回は、部分やせが可能な理由と方法、そして部分やせが不可能と言われる理由などについて解説します。

 

結論:部分痩せは可能だけど・・・

部分痩せは可能です。ですので、部分的にたるみや張り、膨らみに悩む方は改善方法さえ知れば、引き締めることができます。

ただ、専門家として言うと、部分痩せは難しいと思います。このような両極端のことを言うと、

クライアント
えっ?結局どっちよ?できるの?できないの?

となりますよね。でも、実際この返答が適切だと思うんですね。というのは、一般の方と専門家が言う部分痩せって言葉の意味が違っています。

最初ここからお伝えしないと、後々ややこしいので、まずはここから解説します。

一般の方が言う“部分痩せ”

まず最初に、

いずる
あなたが部分痩せしたい箇所をイメージしてみてください。

それぞれにありますよね。例えば、その部位が引き締まれば理想というか、嬉しいわけですよね。

もし、その部位が太ももの外側やふくらはぎの外側などの張りなどであれば、それは脚の捻じれを改善すれば、引き締めることができます。

つまり、部分痩せは可能なんですね。一般の方は、

悩んでいる部分が細くなったり、引き締まることを求めている

わけです。でもこれが、専門家の視点になると、少し違う見方になっていきます。

専門家が言う“部分痩せ”

専門家が部分痩せできる、できないということで意見を言うとき、

部分的に、脂肪を減らすことができるか?

ということを前提にして考えていることが多いと思います。僕も脂肪を減らして部分痩せできるか?と聞かれると答えは難しいとなるでしょう。

こんな感じで部分痩せという言葉であっても、一般の方が知りたいことと専門家が答えている内容には、少し差があるような気がしているんですね。

で、結論としては、

  • 部分的に、細く引き締めることは可能
  • 部分的に、脂肪を減らすことは難しい

ということです。

ですので、部分的に脂肪を減らしたいという方は、ここから先はお役に立てないと思います。

ただ、太ももやふくらはぎの外側の膨らみが気になる、そういった部分的な引き締めをしたい方については、お役に立てるので、ぜひここからも参考にしてみてくださいね。

ここまでの内容はご理解いただけましたかね?大丈夫ですかね?では、続いて、どうすれば部分的な引き締めるができるのか、解説します。

 

部分的に引き締める方法

クライアントさんからも、よく受ける相談の1つに太ももの外側の膨らみというか、張りの悩みがあります。

まずこちらを例にご紹介します。

太ももの外側の膨らみを改善する

詳しくは、「太ももの外側の張りを改善する方法【脚の捻れを直すこと】」を見てもらうとわかりやすいですが、簡単に言うと、股関節が捻じれているから膨らみが出るんですね。

本来だと、股関節はこういう状態です。

股関節

でも、日常生活などで股関節が捻じれてしまうと、このように外側に張り出してしまうんですね。

股関節

これはわかりやすいイメージですが、こういうことが起こっているわけです。

では、太ももの外側を引き締めるためにはどうすればいいでしょうか?お分かりですよね。股関節の捻れを改善すればいいわけです。

股関節の捻れを改善するためには、筋肉を緩めれば改善できます。つまり、太ももの外側の膨らみは、筋肉を緩めて股関節の捻れを改善すればいいということになります。

だから、一般の方が求める部分痩せは可能だとお伝えしたんですね。少しイメージできてきました?

いずる
具体的な改善方法は、先ほどのリンクから見れるので、そっちを参考にしてくださいね!

次は、お腹のたるみについて見ていきますね。

お腹のたるみをトレーニングで改善する

お腹って、姿勢のちょっとした崩れでたるんでいるように見えることがあります。

例えば、こういう何気ない姿勢で立っていたとします。

立ち方

この立ち方ってちょっと重心の位置が低くなっている状態です。このとき、

クライアント
お腹のたるみが気になるな。

と感じるとしますよね。この改善方法は簡単で、身体を少し縦に引き伸ばすようなイメージで、重心を引き上げて維持すると、それだけで引き締めることができます。

こんな感じです。

立ち方

お腹のたるみ方が変わるのがわかりますか?

お腹って空洞があるので、それをできるだけ狭めるように、身体を縦に引き伸ばすようなトレーニングすると、簡単に引き締めることができるんですね。

こういったトレーニングです。

トレーニング

このように、悩んでいる部分がなぜたるむのか?張るのか?太くなるのかという原因をみつけることができると、部分的に引き締めていくことはできるということです。

お腹のたるみが気になる方は、「お腹のたるみの原因と改善方法【自然体に直すこと】」を参考にしてみてくださいね。

このように、このブログでは部分的に気になる部分をピックアップして原因と改善方法をできるだけ細かく解説していますので、ぜひ参考にして改善を目指してほしいなと思います。

部分的な引き締める方法-カテゴリー

 

まとめ:部分痩せではなく部分の引き締めは可能

今回お伝えした内容をまとめます。

  • 一般の方と専門家が言う部分痩せの意味に若干ズレがある
  • 部分的に脂肪を減らすことは難しい
  • ただ、部分的に引き締めることは可能
  • 一般の方が思う部分痩せは可能である

こういった内容をお伝えしていきました。

一般の方に再度お伝えしたいことは、部分的な張りや膨らみ、たるみは改善することは可能です。しかも、ダイエットが方法の最優先ではありません。

もっと即日で変化を感じれる方法があるので、ぜひこのブログを通して、変わるきっかけをつかんでいただけると嬉しいなと思います。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!ぜひ、動画などを参考に実践してみてくださいね。

関連記事

▼太ももの前側の太さに悩む方に
太ももの前側が太いなら筋肉を緩める+歩き方の改善で細くなる

▼太ももの外側の張りに悩む方に
太ももの外側の張りを改善する方法【脚の捻れを直すこと】

▼太ももの内側にたるみに悩む方に
太ももの内側のたるみは脚の捻じれを改善すれば引き締まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ