脚が細くならないなら3つのことを見直すと細くなる【変化確実】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
何をしても、脚が細くならない。どうすれば脚って細くできるんだろうか・・・?

今回は、そんな悩みにお答えします。

この記事では

  • 脚が細くならない原因
  • 脚を細くするために変えるべきこと
  • 原因をみつけられると脚は細くなる

などをお伝えします。

周りからは、十分細いと言われる。だけど自分の中で納得できていない。この脚の張り、膨らみが改善できればもっと理想に近づける。その理想に近づきたいなら、脚の筋肉を徹底的に緩めることです。

この記事では、脚が太くなる原因を解説しつつ、改善方法をご提案していきたいと思います。

 

脚が細くならないと相談された方がしていたこと

脚が細くならない方の共通点は、

脚が太くなった原因に対して、適切な方法ができていない

ということです。

これまで相談された方が実際に行っていたことをご紹介するので、ご自身と照らし合わせながらご覧くださいね。

脚やせするためにマッサージをする

脚やせしたいために、脚のマッサージを続けているけど、思ったような結果が出ない。マッサージをしている理由は、ネットで「脚やせにはマッサージが効果的!」という情報を見たから。

でも、いくらマッサージをしても脚は細くならなかったそうです。

ストレッチを毎日しているけど変わらない

ストレッチをしている方も結構多いと思うんですね。

クライアントさんの中にもストレッチをされている方が多いですが、それだけではうまく脚やせ効果が得られなかったそうです。

ストレッチをしても、あまり脚が細くなる効果は期待できないかもしれません。

骨盤体操を習慣にしているが・・・

40代で綺麗なトレーナーさんが、テレビで「脚やせには骨盤体操が効果的!」と言っていたので、実践している方がいました。

綺麗なトレーナーさんが言っていると、

クライアント
自分も少し近づけるかも・・・!

と期待しちゃいますよね。でも、そこで紹介された方法を続けても、思ったような成果は得られなかったそうです。

筋トレをして追い込みまくった。結果太くなった。

CMでお馴染みの短期ダイエットジムに通い、3ヶ月間通って体重は6kg落ちた方がいました。ただ脚を細くしたかったけど、自分が細くしたい部位は細くならなかったそうです。

というか、ビフォーアフターの写真を見て、明らかに太ももの前側は太くなってしまったそうで、

クライアント
筋トレしても脚やせできないなら、もう私の脚は細くならないということ?

と逆に悩んでしまったそうです。

脚を細くするためによく行われること

このように、クライアントさんから話を聞くと、

  • マッサージ(揉みだし)
  • ストレッチ
  • 筋トレ(スクワット)
  • 骨盤体操
  • ダイエット など

こういったことを比較的やっている方は多いなと感じます。正直に言うと、

どんな方法をしても、脚が細くなる確率は低いです。たまに、自分に合う方法にあたり、細くなることはあります。ただ、大方脚は細くなりません。

これは断言できてしまうんですね。

この言葉の意味って、今から言う質問に答えられないことがそもそもの原因です。

あなたの脚はなぜ太くなってしまったのですか?

これがすべてだと思う理由をお伝えしますね。

脚が細くならない人の共通点は原因を理解していないこと

理由は言うまでもなく、原因がわからないとやるべきことって分からないですよね。

もし食べ過ぎで脚が太くなってしまったとなれば、やるべきことはダイエット。だけど、そんな中いくらストレッチやマッサージをしても効果は期待できない。

なぜならやるべきことがズレているからです。脚が細くならないと悩む方は、圧倒的にこの問題が多く、ほとんどの方が原因がわかっていません。

そこがわかれば、脚はきっと細くなりますし、やるべきことはより正確で意味のあるものになるはずです。

 

脚が太くなる原因を詳しく見ていく

想像してみてください。

30代後半。細身で一見モデルをされているのでは?と思えるような身長165cm体重50kgぐらいの女性。

仕事は事務職だが、よく歩き回るし、パソコン作業も多い。日頃は細めのピンヒールを履いている。

太ももの前側やふくらはぎがポコッと張り出し、目立つのが悩み。結婚しているため、飲み会は極力出ず、家に帰り家事をする。

子供はおらず、夜ご飯の後は自分の身体のケアを積極的にする。むくみもひどい。持病もないし、いたって健康。どうすれば脚を細くできるのか?

筋トレもしていないし、脚が太くなる原因が見えない。

こんな女性がいるとします。筋トレもしていない、特別変わったこともしていない、一般的な女性です。

1日の生活を振り返る

この女性の場合、

家 → 通勤(電車)→ 会社 → 家に帰る(電車)→ 家、家では家事など

食べ過ぎも無ければ、持病もない。でも脚が太い。つまり、このどこかに脚が太くなる原因があるということになるんですね。

細身であるため、脂肪がついて太いということは除外されます。ご自身の毎日を思い返しながら読み進めてみていただくと、何かヒントが掴めるかもしれませんので、少し自分事に置き換えてみてくださいね。

家を出てから、駅まで歩く

細めのピンヒールを履き、コツコツと歩き出す。おそらく、こういった歩き方になっているはずです。

細めのピンなので、少し着地の位置を間違うと足首をぐにっと捻ってしまうので、気をつけながら歩く。

足元を探るように着地し、軽く膝が曲がる。無意識で歩いているものの、脚を前に出して歩いてしまう。このとき一番ストレスを受ける部位は、太ももの前側です。

電車を待ち、乗り、会社へ再び歩く

電車を待っている間、スマホを取り出し情報の読み漁り。

通勤する人で溢れる駅構内。そのとき、何気なくいつも通りに立つ姿勢は、こうなっていないでしょうか?

立ち方

ヒールの傾斜でつま先に重心が移動し、へそを突き出すような姿勢になる。

電車に乗り、同じような立ち方で電車に揺られ、時に壁にもたれつつ電車での時間を過ごす。

このときの立ち方によって、太ももやふくらはぎの筋肉はストレスを受け、数十分もの間、ずっと緊張しっぱなし。

立ち方

さらに、片側に体重をかけてしまえば、左右差ができる。

片側に体重が乗る

電車を降りて、会社へ歩き出す。いつもと変わらぬ景色を、いつもと同じように歩き、会社へ到着。

椅子に座りパソコン仕事をする

職場につくと、パソコンを開きメールのチェックで1日がスタート。終業時間までパソコンでの仕事で座りっぱなし&営業などで歩き回る。

時間の経過と共に身体も疲れ、しんどくなり、むくみがひどくなる。夕方になれば、もうパンパン。1日こんな座り方で仕事をしていなかったでしょうか。

座り方

当然仕事だから、人間関係に悩むこともあるし、ストレスも溜まる。だけど、生活のために働く。

仕事を終え、帰宅する

仕事を終え、家の近くのスーパーで買い物を済ませ、帰宅。帰ってすぐに着替え、夕食の準備。旦那さんも帰宅し、一緒にご飯。1日のことを話ながら、少し晩酌。

ほっこり気持ち良くなったところで、洗い物をし、お風呂に入り、身体のケアを始める。時間も0時前。明日も仕事だからそろそろ寝よう。

脚が太くなる原因は筋肉が硬くなること+むくみ

リアルに想像すれば、簡単ではありますが、こんな感じの生活になっていませんか?

もしそうであれば、おそらく脚が太くなる原因は、何気なく行っている立ち方・歩き方になる可能性が高いと思います。これらの姿勢・動作で筋肉が張り、むくみ出ることで脚が太く見える。

筋肉が緊張すれば膨らみ、太く見えます。そして、循環が悪くなるので、むくみが出ます。これらのことから、脚を細くするために必要なことは、

筋肉を緩め、循環を改善すること。そして、立ち方や歩き方を改善する

ということがみてきますよね。

具体的な改善方法はこちらを参考に

脚の部位によって若干改善方法が異なるので、詳しいことは各記事を参考にしてみてくださいね。

脚が細くならないと感じている方は、それぞれによって悩む箇所が違うと思いますが、その箇所によって若干改善方法が変わります。

ですので、これら部位別に応じてお伝えしている改善方法を参考にしてみてくださいね。

 

脚が細くならない問題点は3つある

脚が細くならないのは、原因がみつかっていないからとお伝えしました。

ただ、この原因が見つかっていなくても、脚が細くなることがあります。それは、適切に筋肉を緩められていた場合です。

先ほど、

  • マッサージ(揉みだし)
  • ストレッチ
  • 筋トレ(スクワット)
  • 骨盤体操

などをしていたクライアントさんの話をお伝えしましたが、方法そのものは間違っていません。だけど、結果が出ず、脚が細くなっていませんでしたよね。

自分で改善を目指す方の脚が細くならない問題点は、

  • 原因がわかっていない
  • テクニックの問題
  • 立ち方や歩き方が改善できていない

という3つが考えられます。

ストレッチングで筋肉を緩める難しさ

ストレッチングで筋肉を緩めるためには、

  • どのようなポージングをとればいいのか
  • どのくらいの強さで伸ばせばいいのか
  • どのくらいの時間伸ばせばいいのか
  • 意識をどこに向ければいいのか
  • 呼吸はどうすればいいのか

これら“全て”を適切に設定する必要があります。もし、これらが適切に設定でき、実践できれば筋肉は緩むため、張りで太くなっている部位は細くなると思います。

ただ、クライアントさんの場合、ストレッチングのやり方そのものが適切ではありませんでした。

こういった、

テクニックの差によって脚が細くならない

ということが考えられます。

姿勢や動作まで改善ができていない

これは、根本原因を取り除くということになりますが、脚を細くしたい場合、1つの特定の方法が勧められるケースが非常に多いような気がします。

○○方法をすれば、1週間で-5cm!

こんなキャッチコピーを見れば、気になりますよね。ただ、1つの方法だけでは改善は難しい。

やはり筋肉が張り、脚が太く見える原因は、立ち方・歩き方など人が当たり前にように毎日する姿勢や動作に潜んでいます。

必要なことは、

現時点での身体を自然な状態に直すこと(緩める・循環の改善)+根本原因を取り除くこと

ここを改善しないと、根本的に脚を細くすることは難しいと思います。ですので、脚が細くならないと悩む方は、まず原因の発見をすることです。そうすれば、今と違ったやるべきことが見えてくるはずです。

 

まとめ:脚を細くするには5つのこと見直せば確実に細くなる

脚を確実に細くするためには、

  1. まず原因をみつけること
  2. 筋肉を緩めること=張りやむくみが改善
  3. 姿勢や動作を変える=筋肉に過度なストレスを与えないようにする
  4. 脂肪を減らす=脂肪が減ると、脚は細くなる
  5. トレーニングする=筋肉を細く強くすればさらに細くなる

この5つのことを実践できると確実に脚を細くすることができます。

いずる
実際に僕もレッスンでこれらのことを実践していますからね。

まずは、もっと根本原因を探り、全体の改善の流れを理解することが大事だと思います。今回の内容が、脚が細くなるきっかけになればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめパーソナルトレーニングの体験が受けられるジム8選【無料】

おすすめ脚やせアイテム5選をトレーナーの僕がおすすめする【キャンペーン情報あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ