自然な立ち方を習得する4つのステップ【骨で立つ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
正しい立ち方ってどんな立ち方だろう?壁立ちするといいと言われるけど、それでいいのかな?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • 骨で立つ感覚が得られると楽に立てる
  • 筋肉を緊張させるのではなく、リラックスしても楽に立てる
  • 重心位置はつま先ではなく、くるぶしの真下(踵)

こんな内容をお伝えします。

楽な立ち方を習得するためには、座り方が重要で、座った状態から立ち上がると楽な立ち方がわかりやすいと思います。具体的にお伝えするので、ぜひ実践してみてくださいね!

今回は、楽な立ち方について解説します。

 

立ち方を習得する4つのステップ

多分、立ち方は文字で説明するより、実践しながら読み進めてもらった方が分かりやすいので、いきなり解説しますね。

①坐骨を感じる

まず、硬めの椅子に座り、お尻の下に当たる骨を感じます。このとき当たっている骨を坐骨といいます。

そこから、へそを覗き込むように骨盤を後傾(後ろに倒す)させます。次は、へそを突き出すように骨盤を前傾させ、骨盤をこのようにリラックスして動かします。

座り方

立ち方

この動きの中で、腹筋と背筋の両方が一番楽なポジションがわかってくると思うので、まずはその位置を見つけます。

②顔を前に送るようにお辞儀をする

その位置がみつかったら、次は顔を前に送るように身体をお辞儀させていきます。

立ち方

③踵に体重を乗せる

そのまま顔を前に送り続けると、お尻が椅子から離れるので、離れたら踵(かかと)に体重を乗せます。

立ち方

この踵という位置は、この赤い丸の位置です。

重心の位置

この位置(踵)を感じたら、次に移ります。

④まっすぐ立つだけ

最後は、そのまままっすぐ立ち上がるだけです。そうすると、こういう立ち方になります。

立ち方

このとき体重は、自分の踵に乗っているので、骨で立つような感覚が生まれ非常に楽に立てていると思います。

立ち方

これが僕自身が考える立ち方です。骨で立つような感覚が出るので、筋肉の緊張もないと思います。

一般的に言われる立ち方や、クライアントさんから直接聞いたことで気になることがあったので、少し解説していきますね。

 

よく言われる立ち方で気になること

一番気になることは、壁立ちですね。これは、正直不自然な立ち方なので、あまりおすすめできるものではありません。

身体の構造を知れば、納得できると思います。

後頭部・肩・お尻・踵が壁につくことは不自然

壁立ちのとき、後頭部・肩(肩甲骨)・お尻・踵の4点ぐらいを壁につけるということがよく言われている気がします。

これって・・・お尻は後方に膨らみがあるので、その時点で一直線上にくることは不自然なんですね。画像で見るとよくわかります。

まずは、自然な立ち方から。

壁立ち

壁立ちをすると、

壁立ち

どう思いますか?明らかに窮屈ですよね。つまり、壁立ちをすることで、自然な立ち方とは言えず、緊張してしまう立ち方になっています。

根本的に立ち方そのものをどう考えるかにもよりますが、僕は壁立ちは不自然だと考えています。

ですので、何か身体の悩みがあって壁立ちをしている方は、少し立ち方について考え方を整理した方がいいかなと、個人的には思います。

胸を張ったり、肩甲骨は寄せない

もう1つよく聞くのが、良い姿勢=胸を張る、肩甲骨を寄せるということをよく聞きますが、これも不自然です。

肩がついている位置って、前方35度といって、身体の少し前側の位置についているんですね。上から見るとこんな感じ。

肩の位置

横から見ると、自然な肩の位置ってこの辺りになるんですね。

自然な肩の位置

でも、こういう胸を張った状態が良い姿勢と思っている方も多い気がするんですね。

胸を張る

こういう状態では、背中や肩、首周りの筋肉が緊張しっぱなしで、肩や首こり、頭痛の原因になってしまいます。

悪く言えば、自分でしんどいように過ごしているということになってしまうんですね。

ちなみに修正方法は簡単で、気持ち斜め前に肩をすくめて、

肩の修正

そのまま脱力して、落とすだけ。その位置が自然な肩の位置になります。

自然な方の位置

日頃胸を張っている方は、肩の位置を修正すると、すごく丸まっているというか、猫背になっている感覚があると思います。

でも、それでOKなんですね。それぐらい日頃肩を引きすぎてしまっているということですね。この肩の位置は、ぜひ改善してみてください。

そうすると、もっと楽に立てるし、肩こりなども改善できるきっかけになるはずです。

立つときに筋肉を緊張させることはしなくてOK

最後に、もう1つだけ。先ほど立ち方についてお伝えしましたが、ほぼどこにも力を入れず立てていると思います。

つまり、立つときは力を入れる、緊張させるということは必要ではありません。

リラックスしても立てるので、無理に力を入れなくてもいいんですね。大きな筋力も当然必要ではありません。

今、立ち方に悩まれている方は、先ほどお伝えした手順で立ち方を改善してみてくださいね。

今回の内容が立ち方の参考になればうれしく思います!これからも一緒に理想の身体に近づいていきましょうね!

関連記事

▼ヒールでの歩き方について
ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】

▼ランニングでふくらはぎ太くなる理由
ランニングでふくらはぎが太くなる原因+改善方法【着地が問題】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ