太ももの前側が太いなら筋肉を緩める+歩き方の改善で細くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
太ももの前側が太いからマッサージをしてみたり、ストレッチをしたけど全然細くならない。どうやったら細くできるんだろう。

今回は、そんな疑問に答えます。

この記事では、

  • 太ももの前側は4つの原因で太くなる
  • 太ももの前側を引き締めるためには、その原因を取り除くこと
  • 何よりも、原因の発見が最も重要

こういった内容をお伝えします。

太ももの前側は、日頃の何気ない立ち方や歩き方によって筋肉が緊張し、張ることで太くなります。ですので、筋肉を緩めることで引き締まりを実感できると思います。

今回は、太ももの前側が太くなる原因と改善方法について解説します。

 

太ももの前側が太い原因

なぜ、太ももの前側は太くなってしまうのでしょうか?その原因は、主に4つ考えられるんですね。

その4つの原因というのは、

  1. 筋肉が張っている(緊張)
  2. 筋肉がついている
  3. むくみがある
  4. 脂肪が多い

などです。それぞれが、太ももの前側の太さとどのように関係しているのか、解説しますね。

①筋肉が張っている

筋肉が緊張して張ると、膨らみを持ちます。

いずる
空気椅子をすると、太ももの筋肉ってパンパンに張って太くなりますよね。イメージ的にはあんな感じです。

実際に、どういったことをしているから太ももの前側の筋肉が張ってしまうのか?それは、こういったことが考えられます。

太ももの前側の筋肉が張る原因

  • へそを前に突き出すような立ち方
  • 脚を前に出すように歩く
  • 膝が曲がった状態でヒールを履いて歩く

こういった日常で行う何気ない立ち方や歩き方、トレーニングをされている方は、トレーニングフォームや内容が原因になっている可能性があります。

1つ目の原因太ももの前側の筋肉が緊張して張っているから

②筋肉がついている

2つ目の原因は、太ももの前側に筋肉がついてしまっているということです。

筋肉には、速筋と遅筋といって主に2つのタイプの筋肉がありますが、歩くときに地面を突くような着地をしているとこの速筋に刺激が加わります。

地面を突くような着地

速筋は、刺激を受けると太くなる性質があるため、ブレーキをかけるような動作をしていると筋肉がついてしまう可能性があります。

ブレーキ動作をしている可能性がある動き

  • 歩くときの着地
  • 膝が曲がった状態で、ヒールを履いて歩く
  • 階段の下りるとき
  • 椅子に座るとき

こういったときに、太ももの前側の筋肉でブレーキをかけながら動作を行ってしまいます。そうすると、結果的に筋肉がついてしまう可能性があるんですね。

いずる
重りを担いでいると、さらに太くなる可能性は高くなりますよね。

2つ目の原因太ももの前側に筋肉がついてしまって、太くなっている可能性がある

③むくみがある

3つ目の原因は、むくみです。ふくらはぎはむくみのイメージがつきやすいですが、太もももむくむんですね。

筋肉が硬くなると、血流が悪くなり、循環が悪くなります。循環が悪くなると、むくみが発生し、太ももは太くなります。

座りっぱなしや筋肉が硬くなるなど、さまざまな原因でむくみますが、筋肉が張って硬くなると必ずむくみが出ると思ってもらっていいと思います。

3つの目の原因むくみが発生すると太ももは太くなる

④脂肪が多い

4つ目の原因は、脂肪ですが、これはイメージがつきやすいかなと思います。

最近は、座ったままでできる仕事が増えていますよね。良いことがある反面、活動量が下がるので、どうしても太りやすい環境です。

さらに、仕事が終わった後や休日などにも運動する機会が減り、運動不足+食べ過ぎで、体重や脂肪は増える一方。

脂肪がつけば当然太ももの前側も太くなります。

4つ目の原因脂肪がつくと、太ももは太くなる

このように、太ももの前側が太くなる原因はいくつもあります。一度ここまでのことをまとめますね。

ここまでのまとめ

  • 筋肉が張っている
  • 筋肉がついている
  • むくみがある
  • 脂肪が多い

これらの結果、太ももの前側が太くなり、今の悩みにつながっているということになります。

では、どうすればこの太くなった太ももの前側を細く引き締めることができるのでしょうか?

 

太ももの前側を細く引き締める方法

太ももの前側を細く引き締めるためには、先ほどあげた4つを改善すればいいということになります。

では、具体的な方法をご紹介します。

①筋肉を緩める

筋肉が緊張し張っている場合、筋肉を緩めることで改善が可能です。筋肉は、揺らすと緩む性質があるため、ここでは、揺らして筋肉を緩める方法をお伝えします。

筋肉を緩める方法

  1. 地面に座り、片脚をリラックスして伸ばす
  2. 太ももの前側に手を当て、気持ちよく感じる程度に筋肉を揺らす
  3. このまま2分間筋肉を揺らす

揺らすと緩むということは実感できましたか?当然テクニックがいるので、最初は感じにくかもしれませんが、ストレッチングよりも効果がわかりやすいので、ぜひ続けてみてくださいね。

どうしても、難しいと感じる方は、「アセチノ」という当てるだけで筋肉をほぐせるアイテムを使ってみてください。

実際に試してみましたが、本当に当てるだけで太ももの前側はスッキリします。美脚アイテムなので毎日のケアにおすすめです。

続いては、筋肉を細くしていきますね。

②筋肉を細くする

筋肉がついてしまって太ももの前側が太いと感じるとき、改善方法は主に2つ考えられます。それは、

  • 筋肉がつく原因を取り除くこと
  • トレーニングで筋肉を細くする

です。先ほど、筋肉がつく原因は、日常の歩き方にあるとお伝えしましたが、この場合、歩き方を変え、太ももの前側に刺激が加わらないようにすることが改善方法になります。歩き方については後程詳しくお伝えしますね。

もう一方の筋肉を細くするというのは、筋肉はある程度余裕のある負荷で、限界に近いぐらい回数をこなすと、筋肉が細くなる性質があります。

この場合、トレーニングをすることになりますが、具体的な方法は、「ジムで脚やせするためのメニュー」で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてみてください。

続いては、むくみを改善していきます。

③むくみを改善する

むくみの改善は、先ほどお伝えした筋肉を揺らす方法を行うと改善が可能ですが、別の方法もご紹介しますね。

基礎知識として、

皮膚の上に、20g以下の負荷が加わると血管が拡張し、循環が良くなる。つまり、優しく皮膚を擦ると、むくみが改善でき、さらに筋肉も緩めることができる

という反応が起こるので、少し頭の片隅に入れておいてくださいね。では、早速改善方法をお伝えします。

手順

  1. 座った状態で、片脚をリラックスして伸ばす
  2. 両手を太ももの前側に沿える
  3. 赤ちゃんの頭を軽くなでるぐらいの強さで太ももを擦る
  4. 擦る方向は、膝上から股関節の方向に擦る
  5. これを2分間行う

ちなみに、このテクニックのポイントは、いかに優しく擦れるかというところにあり、一般の方はオイルなどを塗って擦るとより変化を実感できると思います。

実際に使ってよかったのは、「CODINA」というオーガニックオイルです。成分も不要なものが入っていないですし、滑りが良くなり、むくみのスッキリ感が一番あったので、これはおすすめですね。

続いては、ダイエットについて解説します。

④ダイエットをして脂肪を落とす

脂肪が多い方はダイエットをすることになりますが、先ほど太ももの前側が太くなった原因をお伝えしたように、太ってしまった原因があると思います。

  • 生活習慣の乱れ
  • 間食が多い
  • ストレスによっての過食 など

いろんな原因があって、脂肪が多くなっているはずです。まずは、この個人によって違う原因をみつけ、そこからダイエットに成功できるようにプランニングする必要があります。

一概にこういう方法をすればいいですよ、というのはありませんが、クライアントさんのダイエット内容が参考になると思うので、「【ダイエット成功例】9ヶ月で-16kgした食事方法をご紹介」を参考にしてみてください。

このように4つの原因を改善すると、今よりも太ももの前側は細くなっているはずです。さらに、細くするためのポイントをお伝えしますね。

 

太ももの前側をより細くするためにやるべきこと

より細い太ももを目指すため、細い状態を維持するためにはさらに行うことがあります。それがこちらです。

日頃の立ち方・歩き方を変える

先ほど、筋肉が張る・つく原因は歩き方だとお伝えしましたが、太ももの前側を細くするためには、立ち方や歩き方の改善は必須だと考えています。

なぜなら、ここを変えることができると、太ももの前側の張りはすぐに改善するからです。具体的な改善方法をお伝えしますね。

立ち方の改善方法

手順

  1. 椅子に座り、脚を腰幅ぐらいに開いておく
  2. お尻の下に骨を感じる位置で座る
  3. 顔を前に送るように、身体をお辞儀させる
  4. お尻を浮かし、両足の踵に体重を乗せる
  5. 踵を感じたらまっすぐ立ち上がる
  6. これで立ち方の完成

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

この手順で立てば、体重が踝(くるぶし)の真下、踵より若干前側に乗ることがわかると思います。

もしくは、踵の骨を感じれると思います。この立ち方ができると、太ももの前側が張らず立てることがわかります。つまり、立つ=骨で立つことであり、太ももの前側の筋肉を使わなくても、立てるということです。

いずる
ここで感じた踵で立つ、骨で立つ感覚は歩くときにも出るので、これを基準に歩いていきますね!

立ち方についてより詳しく知りたい方は、「自然な立ち方を習得する4つのステップ【骨で立つ】」も参考にしてみてくださいね。

歩き方の改善方法

いずる
歩き方のポイントは、脚を前に出さないこと。そして、胸辺りを前にスーッと運ぶ感覚を持つだけでスムーズに歩けます!

歩き方の改善手順

  1. 動かすポイントを胸辺りに設定し、そこを重心とする
  2. この重心を前にスーッと運ぶように前に進む
  3. 脚はただぶら下がっている状態で、ほぼ身体の真下で着地する
  4. 後は手足ぶらぶら、重心を前にスーッと運び続けるとOK
  5. あとは、気持ち後ろ側の脚を気持ち置いていくように歩く

歩き方

歩き方

気持ち後方の脚を置いていくイメージで歩くと、ヒップに刺激が加わり、歩くだけでヒップアップできます。

歩き方

ヒールを履いた時の歩き方は、「ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】」にまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

日頃歩くときは、

クライアント
(胸元をスーッと前に・・・)

という1点の意識だけでOKです。たったそれだけですが、その意識の変化を持てば、太ももの前側にストレスがかからないように歩くことができます。

このような姿勢や動作の改善をすることで、今まで加わっていた太ももの前側へのストレスを軽減できるので、より太ももの前側は細くなっていくはずです。

次は、むくみの改善や簡単にヒップアップできる方法をお伝えしますね。

仕事中や家でのケアをする

どうしても事務職の方や、パソコン仕事が続く方は、座りっぱなしなので脚がむくみやすいですよね。

そういう方は、1時間1回ぐらいのペースで足首を軽く動かしてほしいんですね。感覚的には、優しい貧乏ゆすり。そうすると、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割となって、太もものむくみも改善してくれます。

たったそれだけを仕事中にするだけで、仕事終わりのむくみの程度が変わってきます。方法をご紹介しますね。

手順

  1. 椅子に座った状態で、軽く足首を動かす
  2. このとき、ふくらはぎやスネが疲れないように軽く動かす
  3. 1分間ぐらい行えるとOK

両足一緒に行ってもいいですし、交互に動かしてもいいので、軽く動かしてくださいね。そうするとすぐにむくみが改善することがわかると思います。

で、家に帰ってくると先ほどお伝えした筋肉を揺らす&擦る方法で、1日のむくみをケアします。大切なことはこの後です。

むくみを改善した後、着地ソックスで太ももを締め付けてほしいんですね。そして、着地ソックスを履いたまま寝ます。そうすると翌朝までスッキリした太ももを維持できるので、ケア+着地ソックスを履く習慣はつけてほしいですね。

可能であれば、脚を少し高くあげた状態で寝ると、さらに脚全体がスッキリするので、できそうであれば実践してみてください。おすすめの着地ソックスもまとめておきますね。

※ちなみに、キュッとふんわりスパッツは、お尻のたるみが気になる方にもおすすめです。日中にも履き続け、お尻の形を整えて生活すると、それだけで簡単にヒップアップしてきます。

ここまでのことができると、太ももの前側はさらに細く引き締まっていると思います。

 

太ももの前側を細くするために最も大切なこと

実際に、僕が行うパーソナルトレーニングではクライアントさんはこの流れを実践し、太ももの前側は細くなっているんですね。結果を見ても、この考え方で問題ないと思います。

ただ、本当に大切になることは、

あなたの太ももの前側は、“なぜ”太くなっているのかを知ること

です。個人によって原因が異なるため、アプローチ方法は当然変わりますし、原因を取り除くことができれば太ももの前側を細くすることができます。

僕が最も大切だと思うことは、

太ももの前側が太くなった原因の発見

です。その原因をみつけ、取り除くことができさえすれば太ももは細くできます。原因の発見は、僕のところであれば無料体験の中でお伝えすることができるので、気軽に相談きてほしいなというのが本音です。

ただ、どうしても遠方で来られない方は、他のパーソナルジムの無料体験でカウンセリングを受けると、なぜ太ももの前側が太くなっているのか?このアドバイスはもらえます。

そこでまずはご自身の身体のことを知っていただきたいんですね。そうすると、やるべきことが明確になるはずです。

無料体験できるパーソナルジムをいくつかピックアップしておくので、ぜひ参考にしてみてください。

※全て無料体験の中で、時間をかけてカウンセリングしてくれます。

無料体験の後に勧誘されるのも嫌だと思うので、勧誘を一切しないところを選んでいるので、安心して受けていただければと思います。

こういったところで、太ももの前側がなぜ太くなったのか、それを明確にしていただき、やるべきことがわかれば後はこ実践あるのみです。

いずる
もし、僕のところで無料体験を受けてみたい方は、こちらからご連絡くださいね。

 

まとめ:太ももの前側を引き締める一連の流れ

ここまで読んでいただきありがとうございました。最後に、今回の記事の内容をまとめていきますね。

  • 太ももの前側が太くなる原因をみつける
  • 筋肉緩める+むくみを改善+脂肪を減らす
  • 日常の立ち方や歩き方を改善する
  • 日々のケアを徹底する

この流れができると、太ももの前側は1週間という短いスパンでも、少しずつ、

クライアント
あっ、ちょっと変わってきたかも。

ということが実感できると思います。その小さな変化を積み重ねると、太ももの前側は細く引き締まります。

大事なことは根本原因を知ることです。そこが分かれば、今何をやるべきことなのか、ということがはっきりします。

今回の内容が、今抱えている悩みが少しでも改善につながれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

美脚&ヒップアップなどにおすすめ

  • キュッとふんわりスパッツ
    →累計100万枚を売り上げた、人気の着圧スパッツ。簡単ヒップアップ、むくみスッキリ
  • セルライトスパッツ
    →海外セレブの愛用者も多い、インナースパッツ
  • イージースリム
    →楽天市場ダイエットインナー部門1位。20万人の愛用者がいる人気ソックス
  • CODINA
    →100%オーガニックアルガンオイル。マッサージのときにおすすめ
  • アセチノ
    →累計200万台売れている、人気美脚アイテム。僕が最もおすすめできるケアアイテム

無料体験できるジムまとめ

関連記事

▼太ももの外側の張りが気になる方に
太ももの外側の張りを改善する方法【脚の捻れを直すこと】

▼太ももの内側のたるみに悩む方に
太ももの内側のたるみは脚の捻じれを改善すれば引き締まる

▼ふくらはぎの内側の張りの改善方法
ふくらはぎの内側の筋肉の張りは緩める+歩き方の改善で可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ