硬いと悩む太ももを柔らかくする方法【改善方法を動画で紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
太ももが硬くて、いくらダイエットしても太く見えてしまう。どうすれば太ももを柔らかくすることができるんだろう?

今回は、そんな悩みにお答えします。

この記事では

  • 太ももを柔らかくするためには、筋肉を揺らすこと
  • ストレッチングでも、太ももを柔らかくすることができる
  • 大切なことは、太ももが硬くなる原因を取り除くこと

こういった内容をお伝えします。

硬い太ももは、筋肉を揺らすことで簡単に柔らかくすることができます。その具体的な方法をご紹介しますね!

今回は、硬い太ももを柔らかくする方法をご紹介します。

 

太ももが硬くなる原因

そもそも太ももが硬いと感じるのは、筋肉が緊張しているからなんですね。

他には、むくみでパンパンなときにも硬いと感じることはありますが、むくみがパンパンになると筋肉は硬くなるので、基本的には太ももが硬い=筋肉の緊張です。

では、なぜ太ももの筋肉が緊張してしまうのでしょうか?

太ももの筋肉が硬くなる理由

これは「太ももの前側の張りや出っ張りの改善方法【立・歩き方の改善が重要】」で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてほしいと思いますが、太ももが硬くなる理由は、主に日常で行う姿勢や動作が原因です。

太ももが硬くなる要因

  • へそを前に突き出した立ち方
  • つま先に体重が乗って立っている
  • 脚を前に出すような歩き方をしている
  • ヒールを履いた時、膝が曲がって歩いている
  • スクワットをするとき、膝がつま先よりも前に出ないように意識している

こういった日常の中で、太ももを過度に使いすぎた結果、太ももが硬いということを感じるようになります。

もう1つ追加すると、スクワットなどのトレーニングをされている方は、膝がつま先よりも出ないようにしゃがむというような意識でしゃがんでいると、太ももの筋肉は硬くなってしまいます。

では、どうすればこういった硬い太ももを柔らかくすることができるのでしょうか?それは、筋肉を緩めることです。

 

硬い太ももを柔らかくする方法

ここからは、太ももの筋肉を緩める方法をお伝えしていきます。

太ももは、揺らすと緩む性質があるため、まずは揺らして緩める方法をお伝えしていきます。

太ももを揺らして緩める

手順

  • 地面に座った状態で片脚を伸ばす
  • 太ももをリラックスさせ、膝裏付近の太ももを軽く持つ
  • 太ももをポン、ポンっとバウンドさせる
  • これを2分間繰り返す

2分間やった後に、太ももを触ってみてください。柔らかくなっていることが実感できると思います。

この効果以上に太ももをほぐしたい方は、「アセチノ」を使ってみてください。

アセチノ」は、当てるだけでふわふわスッキリ太ももになれるアイテムです。

続いては、ストレッチングの方法をご紹介します。

しゃがみ込みのストレッチング

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先を少し開く
  2. 体重を足裏全体に乗せ、しゃがみ込む
  3. 膝とつま先を同じ方向に向ける
  4. この状態で2分間ストレッチングを行う

ストレッチング

もしこのしゃがみ込みができない方は、壁にもたれつつ行うとできると思います。

ストレッチング

もしこれでもやりづらい方は、足の間に少し重めのダンベルを置いて、こういう状態でストレッチングができると思います。

ストレッチング

こういったことで、太ももを柔らかくすることができますが、レッスンを通してより効果をあげるために大切なことがわかってきました。

それは、脳の緊張をとることの重要性です。

筋肉を支配しているのは脳

筋肉を緩める、緊張させるという指令を出しているのは脳ですよね。日頃からストレスが多かったりすると、脳が緊張状態になります。

ちょっと想像してみてください。

目の前には、約100人の役員や社長がいて、あなたは今からプレゼンをします。このプレゼンに失敗するとあなたはクビです。厳しい目が降り注ぐ中で、あなたは話し始めます。心拍数が上がり、声が震える。

この状況で筋肉って緩めれますか?無理ですよね。いきなりこんなプレゼン中に筋肉揺らし始めると、それはそれですごい精神力ですけどね!(笑)

何が言いたいかというと、脳が緊張していると、筋肉を揺らしてもストレッチングしても、緩みづらくなるということです。

リラックスするためには、副交感神経を刺激する

脳をリラックスさせるためには、副交感神経を刺激することでリラックス状態になることができます。

そのためには、こういった一定のリズムで深呼吸をすると、脳をリラックスさせることができるので、ぜひ実践してみてください。

手順

  1. 仰向けになり、一番楽な体勢になる
  2. お腹に手を置き、そのお腹を軽く動かすように呼吸をする
  3. 鼻から軽く息を吸い、お腹をふわ~っと膨らませる
  4. 口から細く長く息を吐き、ふにゃ~っとお腹を凹ませていく
  5. 気持ち良く深呼吸を繰り返し、これをできるだけ長く続ける(10分以上でもOK)

日頃ストレスが多い方や、最近ちょっと代謝が悪くなった、イライラするという方は、この呼吸と同時に「ネムリス」というサプリを飲むことをおすすめします。

ネムリス」はトリプトファンというアミノ酸を含んでいて、トリプトファンを多く摂り込む+深呼吸をすると、身体も心もほぐし、本来の良い状態の自分を取り戻せます。

こういった脳をリラックスさせるということもプラスすることで、太ももだけではなく身体全体をほぐすことができ、より柔らかい状態にすることができるんですね。

あとは根本原因を取り除けばOK

太ももが硬くなる主な原因は、日頃の立ち方や歩き方が原因になることが多いので、そういった姿勢や動作を改善していきます。

特に女性は、ヒールでの歩き方が問題になることが多いので、「ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】」を参考に改善してほしいなと思います。

また、スクワットをしている方は、「足首が硬いときの改善方法【ストレッチングは不要】」を参考に、しゃがみ方を改善していただければと思います。

太ももが硬いと悩む方は、まずは筋肉を緩め、そして立ち方や歩き方を改善してみてくださいね。この一連の流れができると、太ももはふわふわ柔かい状態になっていきますからね!

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、ネムリスは現在毎月100名限定で初回980円送料無料キャンペーン中で、かなりお得です。ぜひこの機会に身体や心をほぐし、本来の自分を取り戻す習慣をはじめてみてくださいね!

おすすめのアイテム&サプリ

関連記事

▼太ももの外側の張りに悩む方に
太ももの外側のストレッチング方法【膨らみ・張り・痛みに効果的】

▼太ももの前側が太いと悩む方に
太ももの前側が太いなら筋肉を緩める+歩き方の改善で細くなる

▼太ももの内側のたるみに悩む方に
太ももの内側のたるみは脚の捻じれを改善すれば引き締まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ