太ももの前側の張りや出っ張りの改善方法【立・歩き方の改善が重要】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
太ももの前側がポコッと張り出して気になるけど、どうやったら引き締められるんだろう?

今回は、そんな疑問に答えます。

この記事では

  • 太ももの前側が張る原因は筋肉の緊張
  • 筋肉を揺らして緩めると改善できる
  • その後、立ち方・歩き方を改善すれば根本改善ができる

こういった内容をお伝えします。

太ももの前側の張りを改善するためには、徹底的に筋肉を緩めることで改善できます。ただ、プラスして立ち方や歩き方の根本原因になっている部分の改善も必要です。

今回は、太ももの前側の張る原因と改善方法について解説します。

太ももが太いと感じる方は、こちらも参考にしてみてくださいね
太ももの前側が太いなら筋肉を緩める+歩き方の改善で細くなる

 

太ももの前側が張り出す原因

太ももの前側の筋肉は、なぜポコッと張り出してしまうのでしょうか?それは、日頃の立ち方や歩き方などが関係しているんですね。詳しく解説していきます。

筋肉が張る=筋肉の緊張

まず最初に整理しておきたいことは、太ももの前側が張り出すという悩みは、筋肉の緊張によって起こっています。

つまり、太ももの前側の筋肉を使いすぎてしまっているということなんですね。

クライアント
特に筋トレとかもしてないんだけど?

そうやって思う方もいるかもしれませんが、太ももの前側は筋トレをするだけで張るのではありません。日頃の立ち方や歩き方がまずいと、それだけで十分張ってきます。

では、どのような立ち方や歩き方になっていると、太ももの前側は張ってきてしまうのでしょうか?

へそを突き出すような立ち方

よく立ち方について書かれている情報を見ると、

よく見る情報
つま先に体重を乗せ・・・

と書かれているものをよくみかけます。つま先に体重を乗せると、太ももの前側にストレスがかかるため、この立ち方を意識されている方は、太ももの前側は張り出します。

また、日常で台所に立つ機会ってよくありますか?このとき無意識にしているのが、へそ辺りを台に当てて、もたれるように立ってしまうことです。

立ち方

この立ち方を台と切り離してみると、このように軽くへそを突き出し立っている状態になります。

立ち方

こういう立ち方をしている方は、これが1つの太ももの前側が張る原因になっています。

また、このような立ち方をしている方は、骨盤の位置が崩れ、お尻の下側にたるみができているはずです。

このたるみは、着圧のスパッツで脂肪を持ち上げると簡単にヒップアップすることができるので、もしお尻のたるみに悩まれている方は、「キュッとふんわりスパッツ」を履いて、日頃過ごしてみてください。

簡単にヒップアップさせることができます。

続いては、歩き方を見ていきます。

脚を前に出して歩く

歩き方を言葉で説明すると、どのように説明しますか?これを実際にクライアントさんにしてみると、

クライアント
えっと、脚を前に出して、地面を蹴るように歩く。

などと言われる方が多いんですね。脚って前に出さないと歩けないイメージがあるかもしれません。ただ、このイメージで歩くと、太ももの前側の筋肉が張ります。

人って、その場に立って身体を前に倒していくと、どうなるでしょうか?

重心移動

重心移動

この後、脚は防衛反応で“勝手に”前にバッっと出てきますよね。

重心移動

お伝えしたいことがわかりました?

つまり、脚って出さなくても出てくるんですね。人は、重心を前に運ぶと、自然に脚が出てくるようにできています。

ただ、先ほどお伝えしたように脚を前に出すという意識で歩くと、わざわざ太ももの前側の筋肉を緊張させて、歩いていきます。

太ももの前側が張る

さらに、脚を前に出して歩く意識を持つと、身体の前側で脚が着地するため、つっかえ棒のような存在となり、ブレーキがかかります。

このブレーキをかけてしまう時に一番ストレスを受けてしまうのも、太ももの前側の筋肉です。

つまり、脚を前に出して歩いている方は、歩く動作そのものが太ももの前側が張り出す原因になっているということです。

続いては、ヒールを履いて歩いた時をみていきましょう。

ヒールで歩くときに膝が曲がる

ヒールを履いても、基本は先ほどお伝えした理由で、太ももの前側の筋肉は張ってしまいます。

ヒールを履いたときに一番起こるのが、膝が曲がった状態で着地を繰り返すことです。

歩き方

膝が曲がった状態で着地をしてしまうと、太ももの前側でブレーキをかけてしまい、大きなストレスが太ももの前側にかかります。

そうやって歩くたびに筋肉は張ってしまいます。後程詳しく立ち方や歩き方の改善方法について、お伝えしますね。

もう1つ日常から考えられる原因があります。それが自転車のペダルのこぎ方です。

自転車のペダルをつま先でこぐ

自転車に乗っている方は、ペダルをこぐとき足のどこをペダルに乗せていますか?これはほぼ全ての方が、

クライアント
つま先。

と答えると思います。

先ほど立ち方のところで、つま先に体重を乗せると太ももの前側が張るとお伝えしましたが、つま先でペダルをこぐと、ストレスを受けるのは太ももの前側です。

しかも、自転車で問題になるのは坂道です。坂道を上るとき、かなり強い力が必要になりますよね。もし、つま先で一生懸命ペダルをこぐと、太ももの前側のトレーニングをしているのと同じです。

このように、日常生活だけをみても、十分太ももの前側が張ってしまう原因はいろいろ出てきますよね。

太ももの前側が張る原因

  • へそを突き出し、つま先重心で立っている
  • 脚を前に出すように歩いている
  • ヒールで歩くときに、膝が曲がっている
  • ペダルをこぐとき、つま先でこいでいる

では、これらの原因によって張った太ももを、どうすればスッキリ引き締められるのでしょうか?

 

太ももの前側の張りをスッキリ引き締める方法

ここまで、日常生活のあらゆる場面で、太ももの前側の筋肉を使っていることがわかってきました。

そして、太ももの前側の“張り”は、筋肉の“緊張”であるということもお伝えしました。つまり、この張りを改善するためには、筋肉を緩めることで改善ができるということになります。

では、どのように筋肉を緩めればいいのか?詳しく解説していきますね。

筋肉を揺らして緩める

まず最初にご紹介するのは、筋肉を揺らして緩める方法です。筋肉はストレッチングよりも揺らす方が簡単に緩めることができるので、ぜひ実践してみてください。

手順

  1. 地面に座った状態で片脚を伸ばす
  2. 太ももをリラックスさせ、膝裏付近の太ももを軽く持つ
  3. 太ももをポン、ポンっとバウンドさせる
  4. これを2分間繰り返す

2分間行ったあと、1度太ももの筋肉に触れてみてください。筋肉が緩んでいることがわかると思います。

これで張りは改善できますが、このとき「アセチノ」という電動で筋肉を揺らせるアイテムを使うと、さらに太ももの前側の張りをスッキリさせることができます。

これは美脚アイテムとしては、かなりおすすめできるので、ぜひ使ってみてください。続いての方法は、筋肉を擦って緩めていく方法です。

筋肉を擦って緩める

人の身体は不思議で、皮膚に20g以下の負荷がかかると、一酸化窒素が分泌され血流が良くなります。

血流が良くなると、筋肉は緩む性質があるため、軽く皮膚を擦るだけでも筋肉を緩めることができるんですね。むくみも改善できるので、ぜひ実践してみてください。

手順

  1. 座った状態で、片脚をリラックスして伸ばす
  2. 太ももの前側に両手を沿える
  3. その状態で太ももを軽く擦る
  4. 膝上から股関節方向へ擦る
  5. これを2分間行う

このとき、いかに優しく擦れるかがポイントになりますが、オイルを塗って擦るとより筋肉を緩めることができます。

実際に使ってよかったのは、「CODINA」というオーガニックオイルで、滑りもいいですし、不純物も一切入っていないので、肌が弱い方にもおすすめですね。

ただ、まずはご自宅にあるオイルなどを使ってみて、その効果が分かったら「CODINA」のようなオイルを使うという流れでいいと思います。

次は、ストレッチングで太ももの前側を緩めていきますね。

ストレッチングをする

正直、太ももの前側の張りを改善するには、先ほどの2つの方法をしてもらえるとOKです。ただ、ストレッチングが好きな方もいると思うので、一応解説しておきますね。

手順

  1. 座った状態で、片脚は伸ばし、もう一方は膝を曲げる
  2. 足の甲を地面につけ、最初状態を少し起こしておく
  3. 太ももの前側の筋肉が気持ち良く感じるところまで身体を後方に寝かせる
  4. 気持ち良く感じる位置で、2分間ストレッチングを行う

ストレッチング

ストレッチング

こういった方法を毎日続けていると、太ももの前側の張りはスッキリしていき、柔らかくなっていきます。

もしトレーニングをされている方は、スクワットなどの動作を改善する必要があります。

スクワット動作については、「硬いと悩む太ももを柔らかくする方法【改善方法を動画で紹介】」で詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

これで、太ももの前側の張りは改善できます・・・ではないんですね。というのは、少し振り返ってみてください。そもそも、なぜ太ももの前側って張りました?

日常の姿勢や動作が原因でしたよね。つまり、根本原因は、立ち方や歩き方だったので、これらも改善する必要があります。次は、姿勢や動作の改善方法について解説しますね。

 

太ももの前側の張りを根本的に改善する

どのように立ち方や歩き方などを改善すればいいのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

立ち方の改善方法

人は、自然に立てると骨で立つ感覚が出てくるんですね。つまり、骨で立つことができます。

ですので、太ももの前側を使わなくても立つことができますが、その立ち方はこういった状態になります。

重心位置

足裏にかかる体重の位置を見ると、ここになります。

重心の位置

この位置に体重を乗せて立てることで、太ももの前側が緊張せず立つことができます。言葉で説明するよりも、体感してもらった方がよりわかりやすいと思うので、実践方法を解説しますね。

手順

  1. 椅子に座り、脚を腰幅ぐらいに開いておく
  2. お尻の下に骨を感じる位置で座る
  3. 顔を前に送るように、身体をお辞儀させる
  4. お尻を浮かし、両足の踵に体重を乗せる
  5. 踵を感じたらまっすぐ立ち上がる
  6. これで立ち方の完成

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

立ち方

この手順で立ったとき、踵に体重を感じて立てるようになると思います。そして、踵の骨も感じれると思うんですね。いかがですか?

そうすると、太ももの前側にかかるストレスは軽減され、この立ち方を続けることで太ももの前側はスッキリしていきます。

さらに歩き方は、この立ち方の延長にあるので、続けて解説していきますね。

歩き方の改善方法

最初に、重心の位置によって太ももへのストレスが変わることを体感していただきます。

まず、足の裏に意識を向けて歩き、このときの脚や身体の重さを感じておいてください。次に、日頃してほしい歩き方をお伝えします。

まず、ご自身の頭がUFOキャッチャーのクレーンに吊られているようなイメージを持ちます。実際に、頭に手を当て、軽く頭を持ち上げた方がわかりやすいかもですね。

歩き方

この頭を前にスーッと、クレーンが運んでいくようなイメージで前に進んでみてください。

歩き方

歩き方

感覚的には、手で頭を前に誘導し、身体は勝手についてくるようなイメージです。どうです?身体が軽くなり、楽に歩けるのがわかりますか?

少しわかりづらい方は、もう1度足裏に意識を向けて歩いてみてください。そうすると、身体の重さをよく感じれ、それぞれの違いがわかりやすくなると思います。

つまり、日頃の歩き方は、できるだけ重心の位置を高くし、その重心を前に運ぶように歩くだけでOKなんですね。そうすると、太ももの前側へのストレスは軽くなり、張りは改善されます。

この重心の位置は、

  • みぞおち など

身体の高めの位置に設定しますが、自分がどこを運ぶ意識を持つと歩きやすいかを感じ、感覚的に歩きやすかった重心位置に設定して、歩いてもらうとOKです。

ヒールを履いたときの歩き方は、「ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】」でまとめていますので、こちらもご覧くださいね。

次は、自転車のペダルのこぎ方について解説しますね。

ペダルのこぎ方の改善方法

自転車のペダルは、つま先でこぐと太ももの前側にストレスを受けますので、これを踵に変えるだけでOKです。

踵というのは、この赤い矢印の位置ではなく、踝の真下の黄色い矢印の位置のことです。

自転車

ここでペダルをこぐと、お尻に刺激が入り、太ももの前側へのストレスは軽減されます。

ちょっとした違いですが、自転車に乗っている方は、このペダルを踏む位置を変えることで、太ももの前側の張りを改善することができます。ぜひ体感してみてくださいね。

ここまでお伝えしてきた流れができると、太ももの前側の張りは改善できるので、筋肉を緩める+姿勢や動作を改善するところまで、実践してみてくださいね。

 

まとめ:太ももの前側の張りは筋肉を緩めれば改善できる

最後に、今回の記事の内容をまとめます。

  • 太ももの前側が“張る”ということは、筋肉の緊張である
  • 太ももの前側が張る原因は、日頃の立ち方や歩き方が主な原因
  • この張りは、筋肉を緩めることで改善できる
  • そして、立ち方・歩き方を変えることで太ももは細くなる

こういったことをお伝えしていきました。

今回お伝えしていませんが、人によってトレーニングをしていたり、重たい荷物を持って運ぶなどがあれば、それも原因になるかもしれません。

ただ、多くの方は立ち方や歩き方が大きな原因なはずです。何より重要なことは、太ももの前側が張る根本原因をみつけることです。

そして、筋肉を緩める+根本原因を取り除くことをセットにできると、スッキリした理想の太ももに近づけます。

今回の内容が少しでも、改善のお役に立てると嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今回おすすめのアイテム

  • アセチノ
    →累計200万台売れている人気商品。スレンダーなモデルも愛用する美脚アイテム。
  • CODINA
    →不純物が一切入っていない、オーガニックアルガンオイル。
  • キュッとふんわりスパッツ
    →累計100万着売れている、人気の履くだけ簡単ヒップアップスパッツ。

関連記事

▼太ももの外側の張り悩む方に
太ももの外側の張りを改善する方法【脚の捻れを直すこと】

▼太ももの内側のたるみに悩む方に
太ももの内側のたるみは脚の捻じれを改善すれば引き締まる

▼お尻のたるみが気になる方に
簡単にヒップアップする方法【骨盤の傾き+脂肪の移動】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ