歩き方の改善はシンプルに考えるべき【ぶらぶら・スーでOK】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       
クライアント
歩き方って、どんな歩き方が正しいんですか?最近、ふくらはぎの内側がパンパンに張って気になっているんですけど、何か関係がありますか?

今回は、そんな疑問にお答えします。

この記事では

  • そもそも正しい歩き方は存在しない
  • 目的に合わせて歩き方を変えると、いろんな効果が出る
  • 歩き方を変えることで、ふくらはぎも引き締まる

などをお伝えします。

よく正しい歩き方とは?的なことが言われますが、正しい歩き方なんてありません。目的に対して歩き方を変えることが、一番的な歩き方だと考えています。

この記事では、歩き方の改善方法について解説します。

 

前提として“正しい”歩き方なんてない

歩き方の話題になれば、

ある人
正しい歩き方とは、こうです!

みたいなことが言われますが、基本正しい歩き方なんてないんですね。

あるのは、目的に合わせた歩き方だけです。ですので、これが正しい歩き方、これが間違っている歩き方と議論すること自体そもそも方向性が微妙かなと思っているんですね。

目的に合わせて歩き方とは?

例えば、何のために歩き方を改善したいですか?

  • 脚の筋肉が張ってしまうので、張らないようにしたい
  • ダイエットをしたい
  • 痛みがあって、痛みを改善するため

いろんな目的がありますよね。それぞれ歩き方は同じになるでしょうか?答えはNOです。

共通するところはありますが、目的が違えば歩き方が変わります。

だから、正しい歩き方というのは判断できず、目的に応じた歩き方を目指せばいいということになると思います。

 

歩くことでふくらはぎの内側が緊張する

歩き方を変えると、ふくらはぎの張りを改善できます。先日、レッスンで指導した方で、歩くとふくらはぎの内側が張るという方がいました。

この方への指導で感じたのが、

いかにシンプルに、相手ができるようになる言葉を選択するか

ということ。

結論、この方の歩き方は、「ぶらぶら、スーッと」という言葉のみで改善し、ふくらはぎが張らない歩き方ができました。

そもそもなぜふくらはぎが張っていたのか?

この方へ以前歩き方の指導をしたときに、

いずる
歩くことは、重心を前に運ぶことなので、胸辺りをスーッと前に運ぶ“イメージ”で歩いてください。それだけでOKです。

とアドバイスをしています。

指導したときは特に問題はなく、このように歩けていました。

歩き方

先日、歩き方をチェックすると、こんな感じで歩かれていました。

歩き方

何が問題か?それは、胸を少し前に突き出し、つんのめるように歩いてしまっていること。

胸を前に出した分、つま先で地面を突くような着地が見られ、少し踵が浮いてしまう。この歩き方でふくらはぎの筋肉が緊張し、張ってしまっていました。

歩き方

 

歩き方改善のアドバイスは「ぶらぶら、スーッと。」

歩く

この歩き方を改善していきます。

アドバイスしたことはこれだけ。

いずる
ぶらぶら、スーッっと歩いてみてください。

そうすると、フラットに着地ができ、ふくらはぎへのストレスも改善され、気持ち良く歩くことができました。

なぜ改善できたのか?解説します。

問題点は胸の突き出し

自然な身体の使い方ができると、人はフラット着地といって、べた足状態で着地をすることができます。

本来は、こう着地したいのに、

歩き方

フラット着地

こう着地してしまっていたわけです。

着地

つま先着地

こうなった原因は、僕が以前したアドバイスが問題でした。アドバイスしたことは、

いずる
歩くことは、重心を前に運ぶことなので、胸辺りをスーッと前に運ぶ“イメージ”で歩いてください。それだけでOKです。

このアドバイスそのものは、問題ありません。

ただ、クライアントさんの中でこのアドバイスを意識しているうちに、

クライアント
胸辺りをスーッと前に運ぶ“イメージ”で歩く

が、

クライアント
胸辺りをスーッと前に“出す”ように歩く

と、認識が変わってしまっていました。

画像で見れば言葉の違いはわかりやすい

この2つの言葉の違いを画像を表すと、わかりやすいです。

✔胸辺りをスーッと前に運ぶ“イメージ”で歩く

歩き方

✔胸辺りをスーッと前に“出す”ように歩く

歩き方

この差を比べると、こんな感じ。

歩き方の違い

言葉の認識で、これだけ差が出てしまっていたわけです。

アドバイスがわかりづらかった。だから「ぶらぶら、スーっと。」

歩き方の改善のために伝えたことは、

いずる
ぶらぶら、スーッと。それだけOKです!

立った状態で身体をぶらぶらと揺らし、リラックスする。そこから、スーッと前に重心を運ぶように歩く。

そうすると、フラットに着地ができるようになり、ふくらはぎへのストレスも改善できました。

胸を出そうとすると上半身が緊張する

胸を出そうとすると、こんな感じになります。

歩き方

この状態で歩けば、上半身が緊張するので腕がスムーズに振れず、動きが硬い。

歩き方

ぶらぶら、スーッとアドバイスしたことで、手足がスムーズに動き、見た目としてもスムーズさが出てきました。

歩き方

結果的に、シンプルな言葉であっても、この言葉を使った方が歩き方をうまく改善できるということです。

この歩き方の改善方法は、ヒールを履いていても同じことが言えますが、より詳しいことを知りたい方は、「ヒールでの歩き方について【重心を引き上げ前に運べばOK】」も参考にしてみてくださいね。

 

大事なことは、正しさよりも目的に対する歩き方ができること

今回の記事を読めば、

つま先着地=NG

というイメージがつくかもしれません。ただ、ふくらはぎを太くしたいという目的であれば適切なわけです。

腕の振り方についても、ぶらぶらと表現しただけで、特に何も言っていません。

ダイエット目的であれば、意識的に腕を大きく振ることが適切でしょう。

なぜならその方が筋肉は緊張し、より多くのエネルギーを消費できるため

歩き方に正しさは必要ないことは、ご理解いただけたと思います。

できない原因は教える側にある

今回の内容が顕著にわかる例だと思うんですね。僕の言葉の選択一つ、言葉の違いで結果が変わってしまう。

表面に見える結果の責任はすべて教える側にあります。

つまり、

できない理由は、センス、運動神経、遺伝などの要素ではなく、ほとんどができないようにしているからできないだけ。できるようにすればできるようになる

ということだと思います。

失敗は重ねることでできるようになる

クライアントさんが、「自分が勘違いしてました。何度も同じことを教えてもらっているのに、すみません」そう言われていました。

何度もお伝えして、初めてできるようになると思いますし、子供も大人も同じです。トレーナーの僕も身体の使い方はみなさん以上に“練習”しています。数をこなしています。

1回でできることなんか少ないので、

同じことを言われる恥ずかしさ、申し訳なさを感じるよりも、少しずつできるようになっている自分に喜びを感じてくださいね。

できるように近づけているので、それでOKだと思います。

もちろん、僕の指導力が高ければもっとクライアントさんもスムーズに、歩き方を理解されていたと思うので、僕も学び続けないといけないと痛感しています。

全てのことはシンプルイズベスト

最後に、この言葉が好きなので、それをお伝えして終わりにしたいと思います。

複雑で特別なことをするから、特別な成果が出るのではない。これまで幾度となく言われているような、シンプルなことをきちんと続けることで成果が出る。シンプルイズベスト。

複雑に考えすぎて、歩き方がよくわからなくなっている方は、一度基本に立ち返り、今回の内容を参考に歩き方を改善していただけると嬉しいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

▼立ち方について悩まれている方に
自然な立ち方を習得する4つのステップ【骨で立つ】

▼ふくらはぎの外側の張りに悩む方に
ふくらはぎの外側の張りや筋肉を引き締める方法【緩めること】

▼ふくらはぎの内側の張りに悩む方に
ふくらはぎの内側の筋肉の張りは緩める+歩き方の改善で可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セッションのお申込みはこちら

神戸パーソナルトレーニングIzuruStyleについて レッスンや無料体験などのお申込みはこちらからどうぞ